マイケルの娘パリス「父は殺害された。犯人への復讐を望む」

2月3日(金)16時0分 NEWSポストセブン

米『ローリング・ストーン』誌で復讐を「宣戦布告」したパリス・ジャクソン

写真を拡大

 2009年に亡くなったマイケル・ジャクソン(享年50)の娘であるパリス・マイケル・ジャクソン(18才)のインタビューが話題となっている。


 米カルチャー誌『ローリング・ストーン』の最新号に掲載された大特集『パリスが沈黙を破った』というそのインタビュー記事。パリスは、父の死後、道を外してしまったことや自殺を図ったことなどを告白した。そして、父マイケルの死についても衝撃の言葉を続けた。


《父は自分を殺そうとしている人たちについても匂わせていたわ。ある時、“いつか彼らに殺される”と言っていた》


◆ハメられたのよ 最悪ね


 自殺か他殺か。マイケルの死を巡っては、いまだにこの議論が尽きない。マイケルの主治医で、大量の麻酔薬を投与し、死を招いたとして禁固4年の有罪判決を受けたコンラッド・マレー医師は、昨年7月に自叙伝『This Is It!』を出版。


 同書の中でマレー氏は自身の殺害疑惑を全否定し、殺害説を主張するマイケルの子供たちを「洗脳されている」と一蹴した。


 だが、今回のインタビューで、パリスは「父は殺害された」と確信していることを明かしている。


《そんなの目に見えているじゃない。全ての出来事がそのことを物語っている。こう言うとくだらない陰謀説やトンデモ論に聞こえるかもしれないけど、本当のファンや家族ならみんな知ってる。ハメられたのよ。最悪ね》


 当時、“多くの人たち”がマイケルの死を望んでいたと主張するパリス。「犯人への復讐を望むか」という同誌記者の質問に、彼女は“宣戦布告”の言葉を発した。


《当然よ。絶対にそうする。でもこれはチェスのように戦略的に動かなければならないことなの。そして私は正しい手を打っていこうとしている。今言えることはそれだけ》


 マイケルの死後、彼の実母とパリスを含む3人の子供たちは、マレー氏を専属医師として雇った興行会社『AEGライブ』にも責任があるとして民事訴訟を起こしている(2013年10月に原告が敗訴)。


 裁判に負けても、遺族の闘いは終わっていない──。パリスの言葉が、その事実を示していた。10億ドル以上といわれるマイケルの遺産は、段階的にパリスに支払われている。


「莫大な財を持つ彼女は今、マイケルが住んでいたロスの大豪邸で、バンドマンの恋人と同棲中です。マイケルのCDジャケットや彼の言葉を全身にタトゥーで彫っており、その数は50を超えるほど。文字通り、父の存在を皮膚に刻み込んでいます」(在米ジャーナリスト)


 父から受け継いだカリスマ性をハリウッドが見逃すはずもなく、2013年に女優デビューを果たし、今年1月、シャネルのモデルに抜擢された。一挙手一投足が注目されるパリスは、父と同じ世界に飛び込み、スターダムへの道を駆け上がっている。父の敵に一矢報いる日を、虎視眈々と狙いながら。


※女性セブン2017年2月16日号

NEWSポストセブン

「殺害」をもっと詳しく

「殺害」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ