滝沢秀明 「何者だ?」と聞かれたらどう答えるか

2月3日(土)16時0分 NEWSポストセブン

「初の弁護士役なので緊張感があります」と胸の内を明かす滝沢秀明(35才)が、オトナの土ドラ『家族の旅路 家族を殺された男と殺した男』(フジテレビ系、2月3日土曜 23:40スタート)で主演を務める。


 子供の時に両親と祖父を殺害された祐介(滝沢)は弁護士となり、犯人となった死刑囚の裁判のやり直しを担当する…というシリアスな物語に挑む。


「役作りは難しい。でも“役を作る”というより、共演者のかたとのお芝居の中でいろいろ生まれると思うし、その時のリアルな感情を大事にしたいです。ドラマを見た人が全員同じ気持ちになるのではなく、見る人によって捉え方が違うから。何通りもの見方があるのが、このドラマの面白いところですね」


 ドラマを通して、“私は何者だ”という問いかけがあるが、ストイックなイメージのある滝沢自身は「普段、自分について見つめることは、まったくしない(笑い)」と、意外にもあっけらかん。


「何者だと聞かれたら、普通に滝沢秀明ですって答える(笑い)。お芝居以外では、演じている感覚がないんですよ。昔から、プライベートと仕事の自分を分けていなくて、家から出たら“ジャニーズスイッチ”が入るとか、全然ないですね。そんなスイッチ自体がない!」


 今回は深夜枠のドラマということで、タッキーに夜にまつわる質問をぶつけた。


──夜型? 朝型?

「完全に夜型。夜は、仕事じゃなければ友達とすごしたり、ネットで買い物」


──理想の夕食

「ラーメン! とんこつしょうゆがいい」


──夜に必ずしているルーティーンは?

「動画サイトでニュースを見る」


──寝室や寝間着のこだわりは?

「まったくない!」


──夜寝る時間は?

「本当に不規則。0時前に寝られることはほぼない」


※女性セブン2018年2月15日号

NEWSポストセブン

「滝沢秀明」をもっと詳しく

「滝沢秀明」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ