東出昌大に「妻子を利用して良き夫・父を演じた」と怒る声も

2月3日(月)16時0分 NEWSポストセブン

妻たちが激怒する理由とは?

写真を拡大

 東出昌大の不倫騒動が、一向に収まる気配がない。東出は次々とCMの打ち切りが決まり、莫大な違約金を請求される可能性も浮上。一方、相手の唐田えりかも、出演ドラマの出演を自粛するなど、“火遊び”の代償は大きかった。


 2019年だけでも、元モーニング娘。後藤真希、俳優の原田龍二、お笑い芸人の千原せいじなどが不倫を報じられたが、東出に対するバッシングは苛烈を極めている。その理由を分析したのが、NEWSポストセブンが1月30日に配信した「東出昌大の不倫騒動、世間の怒りが収まらない4つのポイント」だ。記事では世の妻たちの怒りのポイントについて以下の4点を挙げている。


【1】育児は妻任せだった

【2】不倫相手の匂わせ

【3】2年半は長すぎる

【4】義父(渡辺謙)と同時期だったか


 記事では世の妻たちが東出に対して一刀両断しているコメント紹介している。しかし、妻たちの怒りはこの4点以外にも向けられていた。


 例えば、ネット上では記事に対して次のようなコメントがあった。


「私は、不倫をしていることを奥さんに申し訳ないと思うどころか、逆ギレ、自分の女問題で体調崩した奥さんに暴言という、男としてというより人としてゲス過ぎるところが無理です」


「私は双子育児中&妊娠中に不倫とモラハラっていうのが一番許せない。一秒でも早く帰ってきて育児するべき時期に遊び回るってのは」


 さらに、自らも妻の杏と同じように子育てをしているとみられる女性からは、【5】として「妻と子供を利用して良き夫、良き父というイメージを作り上げていた」との項目を挙げ、「自分はこれで腹立ってる。妻の仕事、育児、家事に全く理解を示さずに、でもちゃっかり他人にはいい顔して。まるでうちの旦那」とバッサリ斬る書き込みもあった。


 このコメントには共感する声が多数上がっている。


 2015年に杏と結婚した東出は、3人の子宝に恵まれ、確かに「イクメン」というイメージが強かった。出演していたCMもファミリータイプの自動車、歯ブラシ、不動産会社など、“良き家庭人”を演じたものばかり。


「“不倫を断罪できるのは妻や家族だけ”と東出さんを擁護する意見もありますが、彼の場合、ネットのコメントにもある通り、“良き夫、父”というイメージを作り上げ、世間を欺いたという側面もある。実際、彼のCMイメージで、商品の購入につながったという人も少なくないでしょう。世間から怒りの声が上がるのは無理もない。出演ドラマとは違って、CMの降板があっさり決まったのはやむをえないですね」(芸能関係者)


 世間の怒りが大きく広がったこの騒動、いつになったら収束するのか。

NEWSポストセブン

「東出昌大」をもっと詳しく

「東出昌大」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ