Snow Man座談会、ラウールが付き合いたいメンバーはだれ?

2月3日(月)16時0分 NEWSポストセブン

Snow Manのメンバーがお互いの“素顔”を明かす

写真を拡大

 SixTONESのデビュー曲『Imitation Rain』とSnow Manのデビュー曲『D.D.』を両A面で収録したデビュー・シングルが、CDが売れない時代といわれる中で、発売初週でミリオン超えの快挙を果たした。


 そんな興奮冷めやらないSnow Manのメンバーに同時デビューへの思いからメンバーの素顔までを語ってもらった!


岩本照「去年デビューを発表してからは、嵐の前の静けさじゃないけど、メンバーみんな内に秘めながら燃えていた感じ。ただ“よし、がんばろう!”というのではなく、すごい戦いを控えた武士みたいな心境だったかな」


佐久間大介「SixTONESと同時デビューだからこそ、相乗効果でお互いのよいところを伸ばしつつ、それぞれの目標が叶えられたらいいな…と」


渡辺翔太「いっしょにデビューできるライバルがいるっていうのは、ぜいたくなこと。対決というより、“対になっている”ということの方が重要。ライバルというのは前とか後ろにいるのではなく、ずっと横にいることだと思うから」


全員「お〜!(拍手)」


深澤辰哉「デビュー曲はダンス、アクロバットとフォーメーションの多さが見どころかな」


目黒蓮「爽快な曲で、今までのジャニーズにはないフォーメーションになってると思う。年末には、Snow Manが今年の顔だったね…と言われるようになりたいな」


ラウール「Snow Manはファンの人と一体感がすごくあって、ファンもメンバーも含めてあったかいファミリー!」


宮舘涼太「うん。メンバーが9人いると話が尽きなくて楽しいよね」


向井康二「大変なことは移動くらい?(笑い)」


阿部亮平「メンバーを紹介すると、舘さま(宮舘)は身体能力がすごく高い。どんなパフォーマンスでも最初に順応して、グループを引っ張ってくれる存在」


宮舘「ふっか(深澤)はMC担当で、9人の中でムードメーカーだよね」

目黒「康二もムードメーカー的な感じ。唯一の関西出身だから笑いに関することにはうるさいんだけど、実は寂しがり屋で人懐っこい一面もあるよね」

深澤「翔太はメインボーカルで、歌の面でグループを引っ張ってくれる。美容にも詳しいから、ぼくもどんなサプリメントがいいか教えてもらってるんだよね。翔太の肌は本当につやつや!」

向井「ありがとうございます!」

深澤「康二のことじゃない(笑い)」

全員「あはは」


渡辺「照はまとめ役だし、振り付けも担当する才能のあるリーダー! 肉体がすごいことは、もう敢えて触れない(笑い)」

佐久間「阿部ちゃんは、大学院卒でグループ1の頭脳派。クイズ番組にもたくさん出ていて、空き時間にメンバーに出題してくれたりするんだよね」

岩本「ラウールは感性がすごく豊かで、踊りが好きという気持ちをお客さんに伝えられる。才能あふれる最年少」

向井「佐久間くんは、メンバーの中でいちばん高身長で…」

佐久間「おいっ!」


向井「それは冗談だけど(笑い)、アクロバットリーダー。すごく元気でグループを盛り上げるパワーの源みたいな感じ。アニメに対する愛も強いけど、グループに対する愛も強い!」

全員「お〜!(拍手)」

ラウール「めめ(目黒)は、ファッション誌でモデルもやってるし、とにかく顔が素敵! 色気もダダ漏れ」

阿部「ガチで、メンバーの中でいちばんモテると思う」

目黒「シンプルにうれしいっ!」


ラウール「つきあいたいって思ってます」


目黒「えぇ!?」

岩本「最後にすごい発言、ぶち込んだな(笑い)」


全員「あはは(爆笑)」


※女性セブン2020年2月13日号

NEWSポストセブン

「Snow Man」をもっと詳しく

「Snow Man」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ