米倉涼子、“新恋人”アルゼンチンタンゴ講師と満たす「ピークに達した性の欲求」

2月4日(火)17時59分 アサ芸プラス

 1月28日発売の「女性自身」により、新恋人の存在が明らかになった、女優・米倉涼子

「お相手はアルゼンチン人のゴンサロ・クエッショ氏。米倉のアルゼンチンタンゴの講師で、一緒に番組に出演したこともあります。ジョニー・デップ似の超イケメンで、キャッチされた前後は、故郷のブエノスアイレスとの往復の生活を送る彼とのしばしの別れの前だったということで、より濃密な時間を過ごしていたようですね」(週刊誌記者)

 米倉のマンションで一泊した彼は、前日と違うコートを着て出てきたというから、すでに同棲に近い状態にあるようだ。

 米倉といえば、年下の実業家と14年に結婚するも、ほとんど夫婦生活のないままに16年末に離婚。以来、浮いた噂も聞こえてこなかった。

「女性の性の欲求は、一般的に40代でピークを迎えると言われますからね。男性とカラダを密着させて激しく踊るアルゼンチンタンゴで、44歳になる米倉のカラダの芯に欲望の火がつかないはずはありません。『ドクターX』(テレビ朝日系)シリーズがドル箱ドラマとなり、トップ視聴率クイーンとなった米倉を堂々を口説ける男も日本にはほとんどいないという現実もある。ダンスも習えるし、まさに理想的な相手といえそうです」(芸能記者)

 今度の恋は失敗しない?!

(露口正義)

アサ芸プラス

「アルゼンチン」をもっと詳しく

「アルゼンチン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ