第45回アニー賞は『リメンバー・ミー』が圧勝!日本の作品は受賞ならず

2月4日(日)15時0分 シネマカフェ

『リメンバー・ミー』 (C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

写真を拡大

アニメ界のアカデミー賞とされる第45回アニー賞が3日(現地時間)、ロサンゼルスで発表され、ディズニー/ピクサーの『リメンバー・ミー』が長編作品賞を始め、候補になった全部門を受賞した。

日本から片渕須直監督の『この世界の片隅に』と神山健治監督の『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』が長編インディペンデント作品賞にノミネートされていたが、同賞は全9部門で候補になっていた『The Breadwinner』(原題)が受賞した。受賞スピーチには声の出演をしたアンジェリーナ・ジョリーも登壇し、監督や製作者、共演者と喜びを分かち合った。

米林宏昌監督の『メアリと魔女の花』は脚本賞とプロダクションデザイン賞2部門で候補になっていたが、残念ながら受賞はかなわなかった。

最多11部門ノミネートで全部門を受賞した『リメンバー・ミー』。メキシコを舞台に、1年に1度だけ亡くなった家族と再会できるといわれる「死者の日」をテーマにした少年の物語で、3月4日(現地時間)発表の第90回アカデミー賞での長編アニメーション部門での受賞に向けて弾みがついた。

シネマカフェ

「アニー賞」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「アニー賞」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ