『マスカレード・ホテル』木村拓哉が客席に“潜入”、ファンと一緒に本編鑑賞 続編にも意欲

2月4日(月)9時22分 映画ランドNEWS

映画『マスカレード・ホテル』大ヒット御礼舞台挨拶が4日、都内・TOHOシネマズ日比谷にて行われ、主演の木村拓哉が出席。観客に混じり“潜入”するように本編を一緒に鑑賞した。


マスカレード・ホテル


連続殺人事件を解決する為にホテルに“潜入”するエリート刑事・新田浩介を演じた木村。MCのアナウンスにより、客席後方にスポットライトが当たるも、そこに木村の姿はなく。会場がざわつく中、客席から木村が姿を表すと、ファンから悲鳴のような歓声があがった。


マスカレード・ホテル


“潜入”に成功した木村は「“潜入”させていただきました!お邪魔しました!」とハニカミ。“潜入”で一番苦しかったところは、本編が終了し場内が明点した際だと明かす 。木村は「たくさんの方がお手洗いに行き(笑)その方達にも素性を明かすことができなかった。お客様達が手にされているのと同じパンフレットを用意して、それを読んでいるフリをして…(笑)観終わった方達が映画の話をされているのをサラウンドで聞いてました(笑)」と、“潜入”を楽しんだ様子だった。


聞こえた感想の中から特に嬉しかった声は「『思ってたよりあっという間だったね!』『細かいところも含めてもう一回観たい!』と。皆さんちゃんと楽しんでくださっていた」と明かした。続けて、「自分の作品を一般の方に混ざって一緒に観るのは初めてでした。このシーンでクスクス笑ってらっしゃるんだと、ここで自然に拍手が沸き起こるんだと、経験しなければわからなかったので感謝しています」と笑みをこぼした。


マスカレード・ホテル


公開から17日間で観客動員数200万人突破、興行収入50億円を見込める大ヒットを記録している本作。木村は「実感があまりないです。でも、自分のパーソナルな時間の中で、『映画観ました!』って言ってくださる方が周りにも多いのは確かです」と周囲からの反響を明かした。


ファンから「続編はありますか?」との声が及ぶと、木村は「マスカレード・イブ、マスカレード・ホテル、マスカレード・ナイトと3つ作品がありますね。今いただいた拍手であったり、今いただいた質問を東宝さんにぶつけます!」と応えた。


映画『マスカレード・ホテル』は全国東宝系にて大ヒット公開中


(C)2019 映画「マスカレード・ホテル」製作委員会 (C)東野圭吾/集英社


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「木村拓哉」をもっと詳しく

「木村拓哉」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ