北川景子「窪塚さんとの夫婦のシーンは私の心のよりどころでした」穏やかな関係性が伝わる本編映像が公開!

2月4日(木)14時5分 フィールドキャスター

「動機はそちらで見つけてください」 アナウンサー志望の女子大生が父親を刺殺するという衝撃的な導入で始まる島本理生の小説『ファーストラヴ』。

予測不能な結末と、タイトルの裏に隠された濃密なヒューマンドラマは2018年に発表されるや多くの話題を呼び、これまで恩田陸『蜜蜂と遠雷』や東野圭吾『容疑者Xの献身』など数々の映像化話題作が受賞してきた第159回直木賞を受賞。

累計発行部数30万部を超えるベストセラーとなり、‟稀代の問題作“とも称された傑作サスペンス・ミステリーが日本映画界を代表するキャスト・スタッフで完全映画化。

2月11日に全国公開します。

主演を務めるのは、人を惹きつける芝居と端麗な容姿で幅広い層から絶大な支持を誇る北川景子

女子大生による動機なき殺人事件の真相に迫る、主人公の公認心理師・真壁由紀(まかべ・ゆき)を演じます。

ミステリアスな容疑者に翻弄されながらも、彼女の心理を解明していくうち、由紀自身が心の奥底にしまい込んでいた「ある記憶」も暴かれていくという複雑な役どころを体当たりで演じ、女優としての新境地を見せます。

さらに由紀の義理の弟で、由紀と共に、事件の真相に迫る敏腕弁護士・庵野迦葉(あんの かしょう)に中村倫也

父親殺しの容疑者・聖山環菜(ひじりやま かんな)には芳根京子

そして由紀の夫であり、迦葉の兄・真壁我聞(まかべ がもん)に窪塚洋介。

人気・実力ともにトップクラスの俳優陣が集結。監督には『十二人の死にたい子どもたち』をはじめ、数々のスタイリッシュなサスペンス作品でファンを生み出してきた堤幸彦監督が務めます。

公開されたのは、窪塚洋介が演じる我聞が、愛する妻・由紀(北川景子)を優しく包み込む様子が伝わる本編映像。

写真館を営むカメラマンの我聞が公認心理師である妻・由紀の帰宅を待ちながらキッチンで料理を作っています。

帰宅した由紀に「お帰り」と我聞が優しく声をかけると、キッチンからの良い匂いにつられた由紀はすぐ横に立ち、「もしかして得意のポトフ!?」と嬉しそうに満面の笑顔を見せながら、女子大生による父親殺害事件の取材について語り始めます。

公認心理師として日々人間の心の問題と向き合い多忙な日々を過ごしていても、我聞のような夫が優しく見守り寄り添ってくれているからこそ、家ではつかの間のリラックスした表情を見せられる夫婦の関係性と安心感が伝わるシーンとなっています。

配給:KADOKAWA Ⓒ2021『ファーストラヴ』製作委員会

The post 北川景子「窪塚さんとの夫婦のシーンは私の心のよりどころでした」穏やかな関係性が伝わる本編映像が公開!first appeared on フィールドキャスター.


フィールドキャスター

「北川景子」をもっと詳しく

「北川景子」のニュース

「北川景子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ