インテル長友佑都の意外な特技 「太鼓でも一流!」と盛り上がる

2月4日(金)19時10分 J-CASTニュース

長友選手(2010年7月撮影)

写真を拡大

   日本サッカー選手として初めて、欧州王者インテル・ミラノに所属した日本代表ディフェンダー長友佑都選手。スポーツ紙が長友選手の動向を連日大きく扱い、注目を浴びる中で、掲示板「2ちゃんねる」では、「長友の太鼓が凄い!」という意外な事実で盛り上がっている。




   長友選手は愛媛県西条市出身で1986年9月12日生まれ。女の子にモテたくて小学一年生からサッカーを始めた。高校はサッカーの名門福岡県の東福岡高校を選び、明治大学に進んだ。明大でサイドバックのポジションになってから才能が開花。FC東京に加入し2008年の北京オリンピック、10年はW杯代表となる。10年はセリエAのチェゼーナで活躍し、11年1月にインテル・ミラノに電撃移籍した。



「2ちゃんねる」にまとめサイトも登場


   「2ちゃんねる」で「太鼓でも一流だった長友」などと騒がれたのは2011年2月に入ってから。2月3日には「『長友の太鼓がすごい!』と5年前に2chで話題になってたのが発見される」というまとめサイトも登場した。


   発見されたというカキコミは、06年1月15日に立てられた「大学サッカー統一スレ その10」にある、


「明治はやたら応援のドラムのリズム良かったな。アレ本当に控え部員か?」

「あんなリズミカルな太鼓叩き、J以外で初めて聴いたwww。思わず身を乗り出して、明治応援団を見てしまったw」

というもの。太鼓を叩いていたのは長友選手に間違いない、というのだ。



   検証は進み、FC東京時代の自己紹介に、


「(明治大学)1、2年生の頃は、ケガなどで試合に出場できない事が多く、試合の時は必ず太鼓を叩くのが僕の使命でした」

という記載を見つける。さらに、大学生時代の太鼓を聞いたことがある、と書かれたブログを探し当てる。


   そのブログは09年6月6日付けで書かれたものだが、中身は06年の春の出来事。太鼓を聞きに行ったきっかけは「2ちゃんねる」で「明治の太鼓がもの凄い」と盛り上がっていたからだという。



   このブロガーがサッカー場に行き、太鼓を叩いている人物を見た。股に太鼓を挟み、イスに腰掛け、両手にバチを持って、まるでドラムを演奏しているかのようだった。一瞬で太鼓演奏者のファンになり、話しかけ、言葉を交わすまでになった。明大サッカー部の控え部員で、プレーの中心的存在になるのは無理だろうと思っていた。


   その年の9月「明治の太鼓が試合に出てるらしい」という噂を聞く。スタメン出場していて、「12 長友佑都 東福岡高校出身 2年」と紹介された。


「あの太鼓、実はレギュラーとか狙える選手だったんじゃん!」

それがこの時の感想だったと書いている。



「見ててください。リズミカルな動きを!」とノリノリ

   また、「長友の太鼓がすごい!」のまとめサイトには、サッカー場で太鼓を叩いている写真がアップされている。まるで総合格闘家のような両腕にバチを持ち、応援団の声援に会わせ懸命に太鼓を叩いている。



   過去の新聞記事を見てみると、地元西条市で幼少の頃から和太鼓を習っていて、明大のサッカーの試合で太鼓を叩くと「達人」として、あっという間にその名が知れ渡ったらしい。


   「スポーツニッポン」の09年5月15日付けの記事によれば、09年5月12日にサッカーの明大対早大戦があり、長友選手が応援に駆けつけた。ハーフタイムに太鼓を叩いて欲しいという「ナガトモ!!」コールがわき起り、バチを持つ。


「昔から和太鼓をやってた。今はアフリカン・サンバ。学生時代は鹿島のサポーターからもオファーを受けた」

「見ててください。リズミカルな動きを!」

   ノリノリだったらしい。



   長友選手のインテルでの活躍に期待が高まるが、11年2月3日のバーリ戦ではベンチ入りしたものの出場機会はなかった。6日にミラノで行われるローマ戦に出る可能性が高まっている。

J-CASTニュース

「インテル」をもっと詳しく

「インテル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ