15歳になったはるかぜちゃん、ツイッター復帰 憧れのしょこたんから祝福メッセージ

2月4日(木)19時20分 J-CASTニュース

復帰を祝うメッセージ続々(2014年4月撮影)

写真を拡大

「はるかぜちゃん」ことタレント・春名風花さん(15)が自身15歳の誕生日となる2016年2月4日、ツイッターに復帰した。

最初のツイートは「はるかぜちゃん15歳。一般人の女の子になりました」。公私で親交の深い「しょこたん」ことタレント・中川翔子さん(30)からも誕生日を祝うメッセージが届いた。



「彼氏もいねエエエェ」



春名さんが小学4年生、9歳の頃から続けてきたツイッターをやめたのは15年7月28日だった。この日、スタッフ名義で「アメーバブログに移管します」と投稿され、以後は公式ブログ「ふわふわふうか」をオープンして情報発信を続けてきた。なお、ブログの最新投稿日は16年2月1日だ。


ツイッターでは、日常生活のよもやま話だけでなく、いじめなど社会問題についても意見を表明して注目された。最終的に16万人以上のフォロワーを集め、人気ユーザーとなった一方、犯行予告や罵詈雑言を日常的に浴びせかけられるなど何度もトラブルに巻き込まれた。


そんな春名さんは16年2月4日、「はるかぜちゃん15歳。一般人の女の子になりました。 よろしくねー!」という投稿で、およそ半年ぶりにツイートを再開。


「おかえりー!」

「よくぞ戻ってきてくれた!!」

と歓迎の声が続々と寄せられ、中川さんも「お誕生日おめでとう」と祝福のメッセージを寄せた。同日18時半現在で、すでに15万6000人ものユーザーがフォローしている。


一方、「一般人の女の子になりました」との宣言に「芸能界引退したの?」との声も出ているが、そうした声には触れず、「一般人になったけど芝居はやめないよ!」とのみ答えている。


また、「不倫についてどう思う?」という質問に、「それ以前に彼氏もいねエエエェ」と自虐ネタを飛ばしファンを沸かせた。

J-CASTニュース

「はるかぜちゃん」をもっと詳しく

「はるかぜちゃん」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ