元アイドルはいくらで脱ぐ? いとうまい子&新田恵利が具体的ギャラ提示

2月4日(木)10時0分 メンズサイゾー

 かつて、ステージ上で輝くアイドルに熱を上げた人も多いだろう。まさにアイドルは雲の上の存在で、それゆえ妄想を膨らませていた人もいたハズ。そんな青春時代のアイドルが一糸まとわぬ姿を披露するとなれば、興奮しすぎて卒倒してしまう人もいるかもしれない。


 そうしたファンの夢がいくらで実現するのか、2日放送のバラエティ番組『ペケポンプラス』(フジテレビ系)で検証された。往年のアイドルとして、いとうまい子(51)や新田恵利(47)などが登場し、出版社から「ヌード写真集」の提案があった場合、どの程度の金額を提示してくるのか明かされたのだ。


 83年のデビュー以来変わらぬ美貌を保っているとして、今なお高い人気を誇るいとう。ネット上では「奇跡の50歳、永遠の18歳」などと言われ、自身のTwitterに若手女性タレントと一緒に映った写真をアップすれば、若々しさが指摘されることも多い。


 このところでは、温泉番組などに出演することもあり、きめ細やかな肌と抜群のスタイルで男性ファンを魅了。14年の『有吉反省会』(日本テレビ系)ではビキニ姿を披露して、「まだまだイケる」と大きな話題になった。


 そんないとうには以前からグラビア待望論があったが、やはりヌードには抵抗がある様子。『ペケポン』では、出版社との打ち合わせが隠しカメラによって映し出されたが、「ヌード」という単語が出た途端に表情を曇らせていた。それでも最終的には数字の「8」が好きとの理由から、8,888万8,888円という金額を提示。前向きな感じではなかったものの、需要があるならとうなずいた。


 伝説のアイドルグループ・おニャン子クラブに在籍していた新田も、ヌードのオファーには終始困惑。初期のおニャン子メンバーで、国生さゆり(49)らと共に絶大な人気を博した元アイドルにとって、当時のイメージは崩せないようだ。それでも粘る出版社サイドに対して、新田は「9,980万円なら」と返答。ジムなどに通ってカラダを鍛えるため、撮影に入るのは待ってほしいと付け加えた。


「世間的にも美しい大人の女性たちがもてはやされている時代ですし、いとうさんや新田さんが脱ぐとなれば大きな話題になるでしょう。当時の人気に加え、熟年女性にアツい視線を送る男性は一定数いますから。ただ、彼女たちのヌードに出版社が1億円近い金額を出すかは微妙なところ。写真集がバカスカ売れた時代ならわかりますが...。


 いとうさんらも、『どうせ出さないだろう』といった気持ちで、金額を提示したのではないでしょうか。長く業界にいる彼女たちは"相場"を知っているハズですし、ふっかけることでオファーを断るつもりだったように思います。まあ、そうはいっても具体的な数字を出したワケですから可能性はゼロではなさそう。それだけでも、ファンにとっては嬉しい報せになったのでは」(芸能ライター)


 現役の人気グラドル・杉原杏璃(33)は、ヌード写真集のギャラとして5,000万円提示されたことがあると、昨年のバラエティ番組で語った。それを考えれば、いくらアイドル時代に爆発的な人気があったとはいえ、いとうらの示した"脱ぎ代"は破格といえそうだ。それだけ本人たちにとってもハードルの高い仕事なのだろう。


 ただ、昨今の芸能界では、かつてのアイドルにスポットが当たることも多い。昨年には、80年代のトップアイドルのひとりである中山美穂(45)が、テレビで約18年ぶりとなる生歌を披露。87年にデビューして90年代に大ブレイクした森高千里(46)は初の音楽番組MCを務め、リニューアルしながら現在でも継続中だ。この流れに乗って、いとうや新田にもファンを驚かすような姿を見せてほしいものだが...。
(文=愉快)

メンズサイゾー

「アイドル」をもっと詳しく

「アイドル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ