足フェチ撮影会に美女グラドル潜入! 山本成美、Sに目覚めてM男を踏みつける!?

2月4日(月)13時0分 メンズサイゾー

2/3放送の #給与明細 で
潜入ガールとしてフェチ専門店
に潜入してきました!

(頑張った!ただそれだけ😂)

視聴はこちらから⬇︎https://t.co/481Tu42cVf


— 山本 成美 (@a_narumin) February 2, 2019



 3日深夜配信のネットバラエティ『給与明細』(AbemaTV)で、グラビアアイドルの山本成美(27)がマニア垂涎のセクシーショットを連発した。


 この番組は、怪しくも稼いでいる人や仕事に斬り込み、その給与実態を暴くドキュメンタリー系バラエティ。テレビ界の鬼才・テリー伊藤(69)が「案内人」を務め、かつて地上波で放送されていた伝説の深夜バラエティだ。


 今回番組がスポットを当てたのは、最高30万円の高額報酬を謳うフェチビデオの撮影モデル。そのモデルに挑戦したのが山本だ。


 潜入ガールに抜擢された山本は、スリーサイズ上からB80・W58・H90(cm)で、スレンダーながらもむっちり系の下半身でファンを魅了するタイプ。そんな彼女が、足フェチ向けの撮影に挑むことになった。


 山本を撮影するのはフェチ映像専門のメーカー。いわゆるAVからかなりマニアックなフェチ動画を制作する会社で、フェチ業界では有名なメーカーだ。さっそく山本はこのメーカーの面接を受けることに。アルバイト経験ゼロだという彼女は、やや緊張した面持ちでフェチビデオの監督が用意したアンケートに答えはじめた。


 そのアンケートには「手コキ」などのキワどいワードが並ぶが、「ヤバいですね〜」と急に笑顔を見せてノリノリで回答する山本。物腰の柔らかい監督に安心したのか、それともエロワードに興味を惹かれたのか、一気にリラックスしたようだ。


 それから徐々にSっ気を覗かせた彼女は、「男の子の乳首をいじって感じさせること」や「男の子のチンチンをいじって感じさせること」というグラドルにとっては超ハードルが高いと思われる項目にマルをつけるのだった。


 ヤル気マンマンの山本は、後日改めてフェチビデオメーカーへ。監督の指示どおり、自前のブーツをはいて現場入りし、用意された衣装に着替える。1発目は革製のミニスカスーツとブーツをあわせ、M男優をヒールで踏みまくるという撮影だ。ここで彼女は嬉々として男の腹を踏むなど、いきなりドSな一面を発揮した。


 ミニスカの山本は、下からカメラを向けられて何度もパンチラを披露。しかしそんなことお構いなしといった感じの彼女は、「悪くない」「目覚めそう」と何とも楽しそうに男を踏み続けた。


 その後、山本はワンピースタイプの水着を身につけてお立ち台へ。そこで激しく踊り、ひたすら汗をかく。脇の下や胸元が汗でにじんだところでお立ち台を降りると、そこには匂いフェチの男たちが…。山本はその男たちに体中をクンクンされるのだった。


 ラストには、山本が終始はいていたブーツを脱いでムレムレの生足を解放。それに足フェチの男たちが群がり、大興奮の声を上げる。ここですべての撮影が終了。今回の仕事は男たちからのお触りはNGだったが、山本は5時間の撮影で10万円という大金を手に入れることになった。


 人気グラドルたちが「潜入ガール」としてさまざま仕事にトライする『給与明細』。地上波時代よりも過激さが増したと評判だが、今後も美女たちの体当たりリポートが見られそうだ。

メンズサイゾー

「美女」をもっと詳しく

「美女」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ