グラミー賞受賞作が軒並み上昇、ダフト・パンクは76位→13位に。

2月4日(火)4時0分 ナリナリドットコム

日本時間1月27日に発表された「第56回グラミー賞」受賞作が、直後の2月10日付けのオリコン週間アルバムランキング(集計期間:1月27日〜2月2日)で急上昇した。

「ランダム・アクセス・メモリーズ」で最優秀アルバム賞を、「ゲット・ラッキー」で最優秀レコード賞を受賞し、主要2冠に輝いたフランスのエレクトロ・デュオ、ダフト・パンクは「ランダム・アクセス・メモリーズ」(昨年5月発売)が前週2月3日付けの76位から13位に、最優秀新人賞に輝いた米国のヒップホップ・デュオ・マックルモア&ライアン・ルイスは「ザ・ハイスト」(2012年10月発売・ワーナーミュージック・ジャパン)が198位から92位、「ロイヤルズ」で最優秀楽曲賞を獲得したニュージーランド出身17歳の歌姫のロードは「ピュア・ヒロイン」(昨年10月発売・ユニバーサルミュージック)が200位から100位に。

また、主要部門のノミネート曲を収録したコンピレーションアルバム「2014 GRAMMY(R)ノミニーズ」(今年1月発売・ワーナーミュージック・ジャパン)は前週の8位に続き10位と、2週連続でTOP10入りした。

なお、ダフト・パンク「ランダム・アクセス・メモリーズ」のTOP20入りは、昨年7月1日付けの17位以来、7か月ぶり、マックルモア&ライアン・ルイス「ザ・ハイスト」とロード「ピュア・ヒロイン」はともに発売以来初のTOP100入りとなった。

ナリナリドットコム

「パンク」をもっと詳しく

「パンク」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ