Gカップ橋本マナミにとって理想の胸は? 女性記者が直撃

2月4日(木)16時0分 NEWSポストセブン

橋本マナミにとって理想のバストとは?

写真を拡大

 キャッチコピーは〈国民の愛人〉。Gカップグラドルの橋本マナミ(31)が、1月20日、美乳研究家のMACO氏が監修するDVDの発売記念イベント「美乳になろう」にスペシャルゲストとして出席した。MACO氏はBカップの胸を半年でFカップにするなど、オリジナルのバストアップマッサージの施術者としても知られている。


 イベント中、橋本が「左胸だけが垂れてきたんです」と悩みを打ち明けると、MACO氏による実演がスタート。


「今日はノーブラなので」


 と微笑む橋本のワンピースの肩口から手を入れ、左胸の脇の下あたりをグイグイっと力強く揉みほぐしていく。


「ここ、ちょっと凝ってますね。やっぱりおっぱい大きいから」


 そう言うとMACO氏の“揉み”はスピードアップ。プルプルと揺れ続けるGカップに会場に集まった女性客の目は釘付けになっていた。


 施術後は、「全然違う。ふわふわのマシュマロのような感触」と、驚きの表情を浮かべた橋本の理想のおっぱいとは? 本誌女性記者が聞いた。


「見た目は大きくても垂れていない。外側に向いていない“おわん型”が理想です。私は家に帰るとノーパンノーブラになってしまうので、垂れないか心配していて……最近は寝るときにブラジャーをつけることもあります」(橋本、以下「」内同)


──触り心地は?


「“大福”のような柔らかさを目指したいですね。一時期、スポーツジムに通って大胸筋を鍛えていたのですが、男性に“固いよ”と不満そうな顔で言われたことがあります(笑い)。MACOさんに揉んでもらって、男性がかぶりつきたくなるような柔らかさになりました」


──その後、男性の反応はどうでしたか?


「残念ながら、マッサージ以降は誰にも触ってもらっていません(笑い)。でも、歴代の方々にはすごく褒められてきました。おわん型で柔らかいって」


──それ、理想のおっぱいってことじゃないですか!いいなァ。私は貧乳なので羨ましい……。


「恋をするとフェロモンが出て大きくなります。男性は歳を取るにつれて好きな部位が体の上から下のほうに移動するそうです。胸からお尻、脚、さらには足の指が好きなんて人も。そんなに気にしないほうがいいですよ」


 インタビューでは終始、男性目線で語ってくれた橋本。記者は仕事そっちのけで個人的に、メモを取り続けたのだった。


※週刊ポスト2016年2月12日号

NEWSポストセブン

「橋本マナミ」をもっと詳しく

「橋本マナミ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ