BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

故笹井芳樹氏の妻 遺書の真意「小保方氏に伝わっていない」

NEWSポストセブン2月4日(木)16時0分
画像:故笹井教授が遺書で伝えたかったこととは
写真を拡大
故笹井教授が遺書で伝えたかったこととは

 2014年、世界中を揺るがせたSTAP細胞論文騒動。その論文の筆頭研究者だった小保方晴子氏(32才)の手記『あの日』(講談社)が出版された。この手記について複雑な思いを抱くのは、理化学研究所の元副センター長・笹井芳樹氏(享年52)の妻・A子さんだ。


 笹井氏は小保方氏の上司であり、STAP細胞に関する研究の指導を行っていた。しかし、2014年8月に自殺。まさに、STAP細胞騒動における最悪の悲劇である。愛する家族を失ったA子さんは、小保方氏の手記について女性セブンの取材に応じた。手記そのものは「読みません」としながらも、今の思いを語った──。


 笹井氏は確かに小保方氏のSTAP細胞研究に強い関心をよせた。論文執筆を指導し、2014年1月に科学誌『ネイチャー』に論文が採用された際は、自分のことのように喜んだ。


《この日は笹井先生とタクシーで相乗りして帰宅した。「ついに明日が記者会見だね。この1年、本当によく頑張りました」と笹井先生が声をかけてくれた》(手記『あの日』より。以下、《》内同)

《どんな状況にあってもわたしの「先生」でいてくれた》


 手記でもそう綴っているように、小保方氏と笹井氏の絆は疑う余地のないものだった。


 だが、ふたりの関係は徐々に変わっていった。論文採用の2か月後、STAP細胞論文には「写真の誤用」「コピペ」など、不正が続々と発覚した。


 同年4月9日、小保方氏は会見して論文の不備を涙ながらに詫びたが、「STAP細胞はあります」の言葉通り、研究結果の真実性だけは譲らなかった。


「それは主人も同じでした。一緒に仕事もしてきて、自分でも顕微鏡で見ていましたから。当時は大変な時期だったので、彼女も頭が回らなかったのでしょう。あくまでSTAP現象を表す蛍光発色を確認しただけなのに“200回は出来た”なんて言って、誤解を招きましたよね。でも、主人は言うんです。“発色がある以上、まだ可能性はあるんだ”って。あの頃は小保方さんを信じてあげたいという気持ちが勝っていた」(A子さん)


 翌週には笹井氏も会見し、「STAP細胞だと考えないと説明がつかないデータがある」と小保方氏を擁護した。


 しかし会見後まもなく、彼女のずさんな実験ノートや、早稲田大学大学院時代の博士論文でのコピペ、写真盗用が発覚。ネイチャー論文上でSTAP現象が確認されたとするマウスが現実には違うマウスだったことも明らかになり、笹井氏の心は折れた。


「“これはもう無理だ”って。論文を撤回するしかないと言っていました。あれだけの物的証拠を前にして、小保方さん、そしてSTAP現象自体に対する信頼が失われてしまったんです。彼女は科学者としての基礎的な教育を受けてこなかった。それは否定できないことだと思うんです。データの取り扱いとかプロセスの管理とか、“彼女はあまりにも問題がありすぎる”って、主人の失望は深かった」(A子さん)


 調査委員会が立ち上がり、笹井氏にも連日の聞き取りが行われた。A子さんの話に基づけば、当時、彼はすでに科学者としての小保方氏を見限っていたことになる。2014年8月5日、笹井氏は理研の研究棟で自殺した。


《笹井先生がお隠れになった。(中略)金星が消えた。私は業火に焼かれ続ける無機物になった》


 小保方氏はあの日の悲劇をこう綴り、数日後、彼からの遺書が届いたことを明かした。当時、遺書にはこう書いてあったと報道された。


「STAP細胞を再現して下さい。それが済んだら新しい人生を歩み直して下さい」


 小保方氏は、《内容について一部マスコミの創作があった》と反論した。中身の詳細は手記では触れなかったが、笹井氏が最後に伝えた言葉は、彼女に絶望に抗う力を与えた。


《最後まで、最後の一秒まで、私は逃げずにやりとげる》


 心身共に限界を迎えながら、彼女は検証実験に身を投じた。だが、A子さんは、夫が書いた真意が小保方氏には伝わっていないのではないかという。


「主人の遺書にあった“新しい人生を歩んで下さい”という言葉。あれは、“あなたには研究者の資質がないから辞めなさい”という意味なんです。実際、主人は何度も言っていました。“彼女は研究者には向いてない。辞めたほうがいい”って。これが、彼女を間近で見てきた主人が最後に下した結論だったのです」


 笹井氏の一周忌も過ぎた2015年11月2日、小保方氏の出身大学である早稲田大学は小保方氏の博士号を取り消した。彼女の研究者人生は、この日、終わった。


※女性セブン2016年2月18日号

NEWSポストセブン

はてなブックマークに保存

NEWSポストセブン

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「笹井芳樹」「遺書」「STAP細胞」「研究」の関連トピックス

「故笹井芳樹氏の妻 遺書の真意「小保方氏に伝わっていない」」の関連ニュース

注目ニュース
ハリウッド俳優・渡辺謙の“不倫”が発覚 文春オンライン3月29日(水)16時0分
2月18日、美女と手をつないでNYの街を闊歩する渡辺。撮影中かと思うほどスマートだ©文藝春秋映画「ラストサムライ」「硫黄島からの手紙」など…[ 記事全文 ]
のん、レースのワンピース姿披露 LiLiCoが驚き「スケスケですよ」 オリコン3月29日(水)20時27分
女優・のんが29日、都内で行われた『スターチャンネル映画予告編大賞』授賞式にプレゼンターとして登場。[ 記事全文 ]
浅田舞、また真央との確執話 「いい加減そのネタで稼ぐのやめたら」 J-CASTニュース3月27日(月)19時27分
元フィギュアスケート選手でスポーツキャスターの浅田舞さん(28)が、母・匡子さん(故人)に言われた強烈な一言が原因で、一時期家族と距離を置…[ 記事全文 ]
小林麻央、血液検査の結果に落ち込み「思っていたより悪かった」 RBB TODAY3月29日(水)14時56分
がん闘病中の小林麻央が29日、自身のブログを更新。血液検査の結果が芳しくなかった旨をつづっている。[ 記事全文 ]
明石家さんま、「キャディーの命よりバーディー優先」の冷酷素顔に視聴者が幻滅 アサ芸プラス3月29日(水)5時59分
3月20日に放送されたバラエティ番組「痛快!明石家電視台」(毎日放送)で、明石家さんまの衝撃エピソードが明かされ、好感度がただ下がりとなっ…[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 浅田舞、また真央との確執話 「いい加減そのネタで稼ぐのやめたら」J-CASTニュース3月27日(月)19時27分
2 明石家さんま、「キャディーの命よりバーディー優先」の冷酷素顔に視聴者が幻滅アサ芸プラス3月29日(水)5時59分
3 ハリウッド俳優・渡辺謙の“不倫”が発覚文春オンライン3月29日(水)16時0分
4 松田龍平 セリフ覚えず現場に…大泉洋“キレた”厳戒ロケ現場女性自身3月29日(水)6時0分
5 小林麻央、血液検査の結果に落ち込み「思っていたより悪かった」RBB TODAY3月29日(水)14時56分
6 芸人食いの「大河女優」濱松恵がスゴすぎる!狩野英孝→川崎麻世→エグスプロージョン→東京03「エロLINE売却」messy3月28日(火)18時0分
7 渡瀬恒彦“遺作ドラマ”に「現実とダブって涙が止まらない」と視聴者が涙アサ芸プラス3月29日(水)5時59分
8 カトパン、女子アナ目指したのは「彼氏のため」ナリナリドットコム3月29日(水)6時34分
9 道重さゆみに握りこぶし!キムタク、さんまの「1日付き人」であっさりボロが…アサ芸プラス3月28日(火)9時59分
10 「無失点は奇跡に近い」 大勝ハリルジャパン、実はガタガタだったJ-CASTニュース3月29日(水)15時14分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア