BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

「職質プロ」の女性警官 靴の汚さや汗だくが声かけの基準に

NEWSポストセブン2月4日(木)7時0分
画像:警視庁地域部地域指導課の高橋明子さん
写真を拡大
警視庁地域部地域指導課の高橋明子さん

 安倍政権が推進する「女性が活躍する社会」。かつては男性社会のイメージが強かった警察でも、働く女性が増えている。


 警視庁の地域指導課で職務質問指導第一班に所属する高橋明子さん(31)は、各署に出向いて警察官に職務質問の指導を行なう、いわば“職質のプロ”だ。第二自動車警ら隊時代の検挙数を買われての抜擢。現在は、他県の警察にまで指導に出向くこともある。


「これまでの経験から不審者の共通点をリスト化しています。靴が汚いなど、10項目程度のうち2〜3個でも当てはまれば声をかけます。特に季節に関係なく汗だくになっている人や呂律が回らない人は不審者の確率が高く、声をかける時は緊張しますね」


 不審者を見つけても、簡単に捕まえられるわけではない。


「以前、歌舞伎町で怪しい男を職質したら、突然暴れ出しました。彼は覚せい剤常習者だったのですが、揉み合っているうちに制服が破れ、腕には掴まれた痕がくっきりと残っていました。何より、必死に逃げようとする相手の鬼気迫る形相は、今なお脳裏に焼き付いて離れません」


 常に危険と隣り合わせだが、自らの声かけひとつで犯罪者を検挙でき、防犯につながるのがやりがいだと笑みを見せる。今やそんな高橋さんに憧れる後輩もいる。


「職質が苦手だという若手の女性警察官に、目の付け所や声のかけ方、職質の意味などを指導したんです。すると後日、『高橋さんのように、自分の一声で犯罪者を捕まえるため自動車警ら隊に行きたいです』という手紙をもらいました。とても嬉しかったです」


 一晩で30人以上に声をかけ、検挙者がゼロの日も珍しくない。大変な仕事ではあるが、その熱意はしっかりと後輩に受け継がれている。


 人を見抜くプロの高橋さんだが、「異性との縁になかなか恵まれない」とはにかむ。好みの男性を聞いてみると、


「アウトドア好きの方が理想かな。ドライブやキャンプを一緒に楽しんでくれる人がいいですね」


 と笑みを見せた。


撮影■ヤナガワゴーッ!


※週刊ポスト2016年2月12日号

NEWSポストセブン

はてなブックマークに保存

NEWSポストセブン
この記事のトピックス

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「警視庁」をもっと詳しく

注目ニュース
坂上忍が上西小百合炎上騒動にかこつけてTBSを批判し、視聴者が拍手喝采! アサ芸プラス7月24日(月)5時59分
毒舌が持ち味の坂上忍が、そのホコ先を何と自分がレギュラー出演しているTBSに向けたという。[ 記事全文 ]
稲田朋美「政治資金パーティー」発起人は“死者”だった NEWSポストセブン7月21日(金)11時0分
内閣改造で「去りゆく大臣」がこれほど注目されたことはなかったのではないか。相次ぐ失言に加え、新たにPKO日報の隠蔽疑惑まで噴き出している稲…[ 記事全文 ]
橋下徹、囁かれる「政治家復帰」の裏で指摘されるまさかの「最大弱点」 アサ芸プラス7月23日(日)9時58分
2015年末に大阪市長を退任し、その後は私人としてテレビ出演や執筆活動を行っている橋下徹氏。[ 記事全文 ]
スマイリーキクチ、上西議員発言に“無視のススメ” 日刊スポーツ7月23日(日)19時0分
お笑いタレントのスマイリーキクチ(45)が、J1浦和レッズのサポーターに向けた上西小百合衆院議員の発言について“無視のススメ”を説いた上西…[ 記事全文 ]
ミスチル桜井「薄毛が進行中」の背景にあった「切実な問題」! アサ芸プラス7月23日(日)17時58分
現在、デビュー25周年記念ツアー「Mr.ChildrenDOME&STADIUMTOUR2017Thanksgiving25」の真っただ中…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア