BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

日本は今こそ「台湾の味方」だと世界に発信することが重要

NEWSポストセブン2月4日(木)7時0分
画像:台湾総統選に勝利した蔡英文氏 共同通信社
写真を拡大
台湾総統選に勝利した蔡英文氏 共同通信社

 蔡英文氏が勝利した台湾の総統選は、早くも国際関係に大きなうねりをもたらしている。蔡氏は馬英九・現総統とは一線を画し、中国と距離を置く姿勢を貫いている。


 そうした中で、まず注目すべきは米中関係である。オバマ政権は表向きには中国を刺激しないよう、対中政策を変更する方針は見せていない。だが、産経新聞ワシントン駐在客員特派員の古森義久氏はこう解説する。


「アメリカの一部からは、今回の蔡氏の勝利により米台関係、そして米中関係まで変えるべきだという意見が出始めている。たとえばジョン・マケイン上院議員は、台湾との関係を中国との外交カードに使うべきと主張している。


 国防総省で中国部長を務めたダン・ブルーメンソール氏は、今回の選挙は1996年に生まれた世代が選挙権を持っていて、彼らの中には『一つの中国』という言葉が浸透しておらず、むしろ若い世代を中心に『自分たちは台湾人』という意識が高まっていると指摘している。アメリカにとっては、それが中国を抑制するためのカードになりうる」


 実際に、台湾の国立政治大学が2015年7月に発表した調査では、自分が「台湾人」だと考える人が59%と過去最高水準にのぼり、「台湾人であり中国人」が33.7%、「中国人」が3.3%と減っているという。2014年に起きた「ヒマワリ学生運動」も、中国との貿易協定の発効に反対する若者たちが起こした、「中国との接近」を警戒する動きだった。


 アメリカの元国連大使のジョン・ボルトン氏も総統選後にウォール・ストリート・ジャーナル(1月18日付)に寄稿し、その中で、中国の暴走を止めるための手段として〈台湾という切り札〉を使うことを次のように提言している。


〈米新政権は台湾の外交官を正式に国務省に招くことから始め、(中略)台湾総統を国賓として米国に招くことができる。さらに、米高官を台湾に派遣して公用を行い、最終的には完全な外交的承認を与えることも可能だ。中国政府首脳陣は、こうしたやり方に愕然とするだろう〉


 中国側も、今のところ公式には蔡氏を批判したり台湾政策を大きく変えたりする動きはない。しかし、1月下旬になって蔡氏のフェイスブックには中国大陸からと見られる攻撃的な書き込みが殺到するなど、中国は蔡氏の政権運営の一挙手一投足を注視している。フェイスブックへの書き込みは少なくとも4万件にのぼり、その中には「台湾は歴史上も中国の一部であり、分割できない」といった蔡氏を牽制する記述が多く見られた。


 米中・米台関係、そして中台関係が変わろうとする中で、日本もこれまでの外交戦略を無為に続けていてはならない。


 中国側は、台湾総統選挙の翌1月17日、早々に木寺昌人・駐中国大使を外務省に呼びつけた。これまで通り「一つの中国」論を主張したと見られる。明らかな圧力だ。


 中国は、南シナ海でサンゴ礁を埋め立てて滑走路を作り、尖閣諸島周辺に艦船を繰り返し派遣してくる国だ。そして台湾は日本と極めて友好的であり、中国の脅威を共有する国であるとともに、民主主義や自由といった価値観を分かち合える国である。


 馬英九政権の8年間は台湾が急速に中国に接近した。日本はその間、中国の顔色を窺うような外交を展開してきた。


 アメリカが台湾との関係を深めるとすれば、日本も民間だけでなく、閣僚や議員、官僚などを含めた各層で公式的な交流を増やす、つまり、日台関係を「レベルアップ」させることが必要だろう。


 そして、「日本は台湾の味方である」ことを世界に向けて発信し続けていくことが重要なのではないか。


※SAPIO2016年3月号

NEWSポストセブン

はてなブックマークに保存

NEWSポストセブン

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「日本は今こそ「台湾の味方」だと世界に発信することが重要」の関連ニュース

注目ニュース
成宮寛貴さんが「相棒」最終回に登場、ファン感涙… 日刊スポーツ3月23日(木)12時53分
22日に放送されたテレビ朝日系人気ドラマ「相棒season15」の最終回で、昨年12月に突然芸能界を引退した元俳優の成宮寛貴さんの出演シー…[ 記事全文 ]
中森明菜 TV出演オファー50本も「ぜ〜んぶ拒否」の理由 女性自身3月23日(木)12時0分
「昨年末に7年ぶりのディナーショーを行い、完全復活を印象づけた明菜さんですが、年明け以後、まったく近況が聞こえてきません。ファンから、また…[ 記事全文 ]
西内まりや主演の月9ドラマが爆死終了で映画会社スタッフが大喜びのワケ アサ芸プラス3月23日(木)9時59分
西内まりやが主演した月9ドラマ「突然ですが、明日結婚します」(フジテレビ系)の最終回が3月20日に放送され、月9史上のワースト記録となる平…[ 記事全文 ]
吉高由里子の振る舞いに批判相次ぐ 妊娠中・小熊アナに坂口の体ぶつける J-CASTニュース3月22日(水)13時22分
女優・吉高由里子さん(28)が取った軽率な振る舞いに、インターネット上で批判が集まっている。[ 記事全文 ]
はじめしゃちょー「二股疑惑」謝罪 モデル宿泊には「やましいことは一切していない」 J-CASTニュース3月23日(木)12時27分
「浮気&二股交際疑惑」が浮上したYouTuberのはじめしゃちょーさんが、一連の女性スキャンダルについての謝罪動画を2017年3月22日深…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア