人口あたりの医師数トップの京都はがんの早期治療環境整う

2月4日(日)7時0分 NEWSポストセブン

京都が胃がん生存率が高い理由は?(写真/アフロ)

写真を拡大

 男女において罹患数が最も多いのが胃がんだが、女性の胃がんにおける「IM比」(がんの生存率を示す数値。『がんに罹った患者数』÷『死亡者数』で算出。値が大きいほど、がんになっても亡くなりにくい)の都道府県別トップは3.02の京都府だ。しかし、京都府は、医師の数が多いという特徴がある。


 深刻な医師不足で地域間の医療格差が指摘されるなか、京都府は人口10万人当たりの医師数が308人で日本一。最も少ない埼玉県と比べると、その差は2倍。


「歴史的な経緯として、京都市内の2つの大学附属病院が、消化器内科の臨床に力を入れてきました。加えて、京都には国が指定するがん診療連携拠点病院と、府が指定したがん診療連携病院などの医療施設が充実しています。身近な病院や診療所で医療を受けることができる機会が多いことが影響しているのではないでしょうか」(京都府健康対策課、以下「」内同)


 がんになったら早期に適切な治療を受けることが求められるが、京都にはその環境が整っているということ。


 だし文化が根づいている京都では、胃がんのリスクを高めるといわれる塩分の摂取量も高くない。


「京都では薄味の料理が好まれるため、塩分摂取量はあまり多くありません。ただ、野菜の摂取量が少ないので、増やしていきたいと考えています。京の家庭の味として受け継がれてきた“おばんざい”は野菜が多く使われているので、おいしさと健康の両立を目指した“おばんざい弁当”の普及を図っているところです。


 また、胃がんの原因の1つといわれるピロリ菌の感染に関しても、全国的に珍しい除菌治療費の助成事業や高校生へのピロリ菌検査事業を行っています」


 さらに、がんに関する教育にも力を入れている。


「子供の時からがんの知識や正しい生活習慣の理解を深めることががんの予防・早期発見に有効です。京都では行政と学校が協力し、中学校や高等学校での禁煙教育に力を入れてきました。府の喫煙率は低く、2016年の国民生活基礎調査によると、男性の喫煙率は全国で最下位。医師とがん経験者が学校で授業を行う“生命のがん教育推進プロジェクト”にも取り組んでいます」


※女性セブン2018年2月15日号

NEWSポストセブン

「医師」をもっと詳しく

「医師」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ