大興奮のキュン死続出!上白石萌音&佐藤健の「恋つづ」好評の理由は?

2月5日(水)18時14分 アサジョ

 上白石萌音が主演するドラマ「恋はつづくよどこまでも」(TBS系)の第4話が2月4日に放送され、平均視聴率は10.6%と同作最高の視聴率を更新した。

 今作は、漫画家・円城寺マキ氏による同名の漫画が原作。憧れの医師・天堂浬(佐藤健)に会いたい一心で看護師になった佐倉七瀬(上白石)が、仕事に恋にがむしゃらに突き進むラブコメディだ。

 この日のラストシーンは、佐倉が担当していた元患者からストーカーされていることに気付いた天堂が助けに向かう。天堂と元患者がもみ合っているうちに資材の鉄パイプが落下してくるのを見た佐倉は、天堂をかばってケガをしてしまう。救急車の中で、あらためて天堂に思いを伝える佐倉に「乗り切ったら、何でも願いをかなえてあげるから、キスでもデートでもしてやるから」と励ます。意識を失った佐倉だったが、実は“寝落ちで”幸い、ケガは軽傷。その日のうちに、天堂と帰途につく。その途中、救急車での約束を果たしてくれという佐倉に「これは治療だ」と天堂がキスをする。

 この展開に視聴者は「最後のキスの仕方がカッコ良すぎてクラクラくる。佐藤健のまわりにキラキラ星が見えた」「羨ましい、羨ましい」「キュン死」「わたしも治療してー!」「キスシーンにキュンキュンした!」など、大興奮状態となった。

「ドラマ当初は、主人公の容姿に対して『原作と違って、かわいくはない』などの意見もありましたが、今では『上白石は綺麗すぎず可愛すぎず、愛嬌たっぷりで現実感があってとてもいいと思う』とのコメントもあり、好感度が上がっているようです」(テレビ誌ライター)

 視聴者はじわじわと“恋つづ”ワールドにハマり始めているようだ。

アサジョ

「上白石萌音」をもっと詳しく

「上白石萌音」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ