納品した原稿を出版社が2年放置… 作家の怒りの申し入れに一迅社が謝罪

2月5日(金)16時45分 BIGLOBEニュース編集部

「停電少女と羽蟲のオーケストラ 行ノ刻」表紙

写真を拡大

一迅社から発刊されている小説「停電少女と羽蟲のオーケストラ」で、作家が原稿を納品してから約2年、一迅社が出版作業を進めず放置していたことが明らかになった。作者の諸口正巳氏がTwitterで状況を明かし、一迅社が謝罪した。


問題となっているのは、ドラマCDシリーズ「停電少女と羽蟲のオーケストラ」のノベル版。2014年1月25日に1巻「停電少女と羽蟲のオーケストラ 行ノ刻」が発売され、2014年6月25日に2巻「停電少女と羽蟲のオーケストラ 路ノ刻」が発売されている。諸口氏は、3巻の原稿を「急いでほしい」一迅社に言われ、2014年3月31日に送っていた。しかし、約2年経っても校正すら終わっていない状態だという。諸口氏は、「『滅びろ一迅社』とまでは言わないけど、『いったいどうしたいんでしょ一迅社』と言いたいところです」と怒りをあらわにした。


このツイートを受け、原作のドラマCDシリーズを担当している「IM」も、「一迅社さんから制作受諾を行い、CDに関しては2014年中に納品をしております」とTwitterで状況を説明。一迅社側でスケジュールが滞っていることが明らかになった。


これらの情報が拡散し、一迅社は「『停電少女と羽蟲のオーケストラ』ノベル3巻のお詫びとお知らせ」を公式サイトに掲載。「先生・関係各位並びに読者の皆様にご心配をお掛けしております事、深くお詫び申し上げます」と謝罪した。「本文原稿の制作・監修及び、ドラマCD音源の制作を完了」しており、今後は「原稿の校閲、DTPデータ作成、イラスト制作、デザイン制作等を速やかに遂行」するとしている。スケジュールが滞っていることについては、「弊社の管理不足」と説明した。


BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「謝罪」をもっと詳しく

「謝罪」のニュース

「謝罪」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ