祖母のためについた一つの優しい“嘘″、オークワフィナ主演『フェアウェル』日本版予告

2月5日(水)12時0分 映画ランドNEWS

4月10日(金)より公開される映画『フェアウェル』の日本版予告が解禁となった。



気鋭スタジオ「A24」製作、中国系アメリカ人として世界で活躍するルル・ワン監督の実際の“嘘″から生まれた、心温まる家族の感動物語。祖母を愛してやまない主演の孫娘“ビリー″役を『オーシャンズ8』『クレイジー・リッチ!』のオークワフィナが演じ、第77回ゴールデン・グローブ賞にてアジア系女優初の主演女優賞を受賞した。


アメリカに住む本作の主人公ビリーに突然知らされたのは、中国に住む大好きな祖母“ナイナイ″の余命宣告だった。余命わずかなナイナイのもとを訪れるためにいとこの結婚式と嘘をつく家族。久しぶりに集まり、ともに食卓を囲む家族だが「ずっと会いたかった。」と優しく声をかけるナイナイとは裏腹に、真実を知っている家族は必死に悲しい顔を隠すのだった。


予告編は、アメリカ育ちのビリーが中国では余命宣告をしないという文化に戸惑う姿が収められている。特に涙を浮かべながら「これは正しいのか?って、いつも悩んでる。」と、大好きなナイナイへ嘘をつくことに対して葛藤するシーンには心が揺さぶられる。



映画『フェアウェル』は4月10日(金)より全国公開


(C)2019 BIG BEACH, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「主演」をもっと詳しく

「主演」のニュース

「主演」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ