「そこまでやらなくても...」 中村アン、バラエティでお尻丸出し状態に!

2月5日(金)21時30分 メンズサイゾー

 モデルでタレントの中村アン(28)が、4日放送の『VS嵐』(フジテレビ系)内でアトラクションに挑戦した際、予期せぬセクシーショットを見せた。


 放送中の連続ドラマ『お義父さんと呼ばせて』(同)に出演中の中村は、主演の蓮佛美沙子(24)と共に登場。ドラマのオリジナルTシャツを着て番宣をしっかりこなしつつ、スリムなデニム姿で抜群のプロポーションを披露した。


 メーンキャストの嵐とゲストがさまざまなゲームで対決する同番組で、中村はロッククライミング風のアトラクションに挑戦。このゲームはグリップを使いながら6メートルの壁を登るというもの。女性タレントがクリアするケースは稀だが、嵐の櫻井翔(34)に「アンちゃん、いける?」と聞かれた彼女は、「いけますよ」と自信満々な笑みを浮かべた。普段から基礎体力の上昇を目的としたトレーニング「クロスフィット」に励んでいるという彼女には、楽勝に思えたようだ。


 しかし、順調なのは序盤までで、壁が反り返った部分にさしかかると、途端に表情が険しいものに。このゲームでは、壁の途中に得点ボタンがあり、それをいかに効率よく押せるかがカギとなる。高得点を狙った中村は、反った壁の上に設置されたボタンに手を伸ばしたが、なかなかそこに届かない状況が続いた。そして、中村が必死でもがいていると画面にはお尻のアップが...。


 ムチムチとした下半身が映し出されると、ネット上の視聴者からは「中村アンがエロい格好してる」「サービスショットすぎる」「お尻丸出し」といった声が続出。さらに「そこまでやらなくても...」と心配するファンもおり、思わぬカタチで話題を集めてしまった。


 その後ゲーム自体は見事にクリアしたが、感想を聞かれた中村は「お尻どうしよう...」とポツリ。中村らの対戦相手として出演した芸人チームのFUJIWARA藤本敏史(45)は「ケツぶり〜ん」と茶化し、ケンドーコバヤシ(43)も「この目にしっかりいただきました」とニヤニヤしながら笑いに変えてスタジオを盛り上げた。本人にとっては恥ずかしい姿となってしまったようだが、結果的には体力面とセクシー面で爪跡を残せたようだ。


「バラエティ番組で肉体派な一面を見せた中村さんですが、現在、香取慎吾さん(39)主演の『家族ノカタチ』(TBS系)にも出演中で、ジムのインストラクター役を演じている。香取さんを指導する立場で、鍛え上げられたボディを披露しながらナチュラルな魅力を発揮しています。


 ドラマの公式サイトには、中村さんの衣装をチェックするコーナーも設けられており、彼女のトレーニングウエアは同性ファンの間で話題になっている。以前からヘルシーなイメージがあり、それがキャスティングに影響したのでしょうが、こうした役柄をこなすことによって、ますます女子の憧れ的なポジションを確立しつつあるように思います。もちろん、見事なプロポーションは男性人気も高いですが」(芸能ライター)


 現在、モデル・女優・タレントと多岐にわたって活躍する中村。親しみやすい笑顔と持ち前の明るいキャラクターが人気のヒミツといえそうだが、バラエティでお尻丸出し状態になるほど、常に全力投球なところも好感度につながっているのだろう。そんな彼女の快進撃はしばらく続きそうだ。
(文=kamei)

メンズサイゾー

「中村」をもっと詳しく

「中村」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ