星名美津紀、ド迫力のHカップ巨乳を猛アピール! 久々のチューブトップ姿でファン魅了

2月5日(火)13時0分 メンズサイゾー

久しぶりのチューブトップ💙
おやすみづき💙 pic.twitter.com/aoQTvwUCoa


— 星名美津紀 (@hoshina_mizuki) 2019年2月4日



 キュートな笑顔と丸々としたHカップ巨乳で男性ファンをメロメロにするグラビアアイドルの星名美津紀(22)。「みづき姫」の愛称でファンに親しまれる彼女が、Twitterで迫力満点のセクシーショットを披露した。


 4日、星名は「久しぶりのチューブトップ おやすみづき」と複数のビキニショットを公開。本人の言葉どおり、いずれもチューブトップタイプの水着を身につけている画像だ。92センチの胸はボリューム満点で、深い谷間が目を引くショットばかり。下半身まで写っている画像では、キュッと引き締まっていながらも柔らかさを感じさせるボディラインが印象的だ。


 この投稿にはネット上のファンも、「たまりません」「おやすみって言われても目が覚めちゃった」「かわいいしセクシー」「たわわすぎませんか」などと大興奮。あっという間に1500以上の「いいね」を記録することになった。


 星名といえば、先月末放送の『有吉反省会』(日本テレビ系)で、巨乳グラドルとして絶大な人気を誇るにもかかわらず、SNSではペットのインコの写真ばかりを載せていることを反省。今のグラドルはSNSを自己アピールの場として活用することが多いが、星名のTwitterは「巨乳よりもインコ」といった感じなのだ。


 しかし、『有吉反省会』後の星名は、チャームポイントを積極的にアピール。最新イメージ作品『色恋』(ラインコミュニケーションズ)の水着オフショットのほか、ビキニでインコと並んだ自撮りなどをアップしてファンを喜ばせた。今回話題のチューブトップ姿も、「インコばかり載せ続けてきたこと」を反省してのファンサービスといったところなのかもしれない。


 星名は2012年に「週刊プレイボーイ」(集英社)でグラビアデビューし、現役女子高生グラドルとして人気が爆発。キュートな童顔とド迫力の爆乳のギャップで注目を集め、当時は「ゴールデンルーキー」などと称された。以降、イメージ作品や写真集をコンスタントにリリース。現在、大人の色気をまといはじめた彼女は、10代のころとは少し異なる魅力でファンを虜にする。


 グラビアファンの間では「もっと売れるはず」といった声もあり、さらなる大ブレイクが期待される星名。『有吉反省会』をきっかけにSNSに変化が見られる彼女には、ファンのアツい想いに応えてほしいものだ。


メンズサイゾー

「2019年」をもっと詳しく

「2019年」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ