安田章大、”ブラボー”な音楽劇『マニアック』に再演は「ない」?

2月5日(火)16時51分 マイナビニュース

音楽劇『マニアック』公開ゲネプロが5日に東京・新国立劇場 中劇場で行われ、安田章大(関ジャニ∞)、成海璃子古田新太が取材に応じた。

青木豪が作・演出を務める同作。とある町の山の上にある八猪(やずま)病院を舞台に、ブラックな笑いに溢れたストーリーが繰り広げられる。植木屋の犬塚アキラ(安田)は、病院で溺愛される一人娘・メイ(成海)と恋に落ち、入院患者を利用して人体改造実験を行う病院の院長・八猪不二男(古田)からメイを救出しようと奮闘する。

テレビ朝日系音楽バラエティ番組『関ジャム 完全燃SHOW』で共演中の安田と古田だが、「稽古場の時から、こういう先輩にならなきゃな、という感覚で。やっぱり統率力じゃないですか。このカンパニーがこれだけまとまれてるのは新太さんのおかげ」(安田)、「安田くんはすごく素直で、アドバイスも通る人で、非常に信頼のできる俳優さん。歌も演奏もしっかりしてる、お芝居の部分で、役で動いてくれてるので、本当に頼りになります」と互いに讃え合う。

作品名について「マニアックな部分」を聞かれるが、古田は自身から見た安田について「関ジャニの中でもバランサーなので。後の人たちは変わった人たちが多い」と"マニアックさ"を否定。「ははっ」と声を出して笑った安田は「大きな声で笑ってしまった」と苦笑しつつ、古田について「知識がすごいんですよ。本当に。いろんなところの範囲を知識持ってあるんで、勉強になることばかり」と称賛する。しかし「でも自覚がないじゃないですか。だからそこが一番変なんじゃないですか」と指摘した。成海も古田について「知らないことはないんじゃないかってくらい、いろんなことを知ってて、いつもいろんな情報を教えてもらう」と明かした。

作品については、古田が「意外に、良い作品になっちゃった。これは怒られるだろうなと思ったけど、意外にお客さんニコニコして、失敗しちゃったな」と、普通とは真逆の感想を述べる。安田が「客席で最後にブラボー! って聞こえますからね」と振り返ると、古田は「かけてるのかな、あれは。ブラブラする棒でしょ?」と意味深な発言。さらに再演の話を振られると、「再演はないかな」(古田)、「ブラボーですからね」(安田)と苦笑する。

また最後に、2018年に脳腫瘍の摘出手術を受けていた安田の体調について聞かれると、安田は「見て取ってください。好きにとってください、大丈夫です」と答えていた。

同作の大阪公演は森ノ宮ピロティホールにて、2019年1月19日〜1月29日に行われた。東京公演は新国立劇場 中劇場にて2019年2月5日〜2月27日。

マイナビニュース

「安田章大」をもっと詳しく

「安田章大」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ