『キンプリ』『関ジャニ』より期待値は上?業界が推す『嵐』の次とは...

2月5日(火)10時31分 まいじつ


画/彩賀ゆう (C)まいじつ



2020年いっぱいでの活動休止を発表した『嵐』。ジャニーズにとっては『SMAP』に続くドル箱を失うことになり、急務なのは取って代わるグループの育成だが、さまざまな憶測が飛び交っている。


【関連】「SMAPとの差は」?『VS嵐』挨拶にファン同士が泥仕合の悲惨 ほか


「CD、DVDの音楽ソフトの売り上げに加えて、ファンクラブ会費やCMのスポンサー料などで莫大な利益を上げている『嵐』。そのグループが活動を休止するのは、間違いなくジャニーズにとって大きな痛手です。だからこそ、2年間の猶予なんでしょう。この2年間で嵐に代わる新たなグループを育てようと、戦略を練っているところですよ」(芸能関係者)


それは、どのグループだろうか。


「当然、最有力となりそうなのが、『嵐』の次にジュリー副社長がお気に入りの『関ジャニ∞』。昨年あたりから、役者としては錦戸亮、司会者として村上信五を軸にガンガン売り出しています。特に村上のことはかわいがっていますから、さらなる猛プッシュが始まるのは確実かと」(同・関係者)



伸びしろを考えると関ジャニよりも…


ただ、テレビ局内で求められているのは、そうではないようだ。


「『King&Prince』にブレークしてほしいですね。やはり勢いが違います。『関ジャニ』は確かに『嵐』の次に人気ですが、すでにピークを迎えている感じもあり、伸びしろは少ない。テレビとしては、ニュースターがいる方が大きく盛り上がりますからね。“キンプリ”に関してはグループだけでなく、個人としてのレギュラー番組を提案する局も多い印象です」(テレビ局関係者)


また、意外なグループを推す声も多いという。


「個人的には『Kis-My-Ft2』の大ブレークを願っています。彼らは素行が良く、企画にも一生懸命でテレビマンとしてはありがたい限り。また“キスマイ”は『SMAP』を担当していたIマネジャーが残した遺産でもあるため、『SMAP』の意思を次ぐグループとしても期待ができます。2019年はようやく事務所も本腰を入れて“キスマイ”を押すと決めたとも聞いており、これからが楽しみです」(民放局AD)


果たして、新しいジャニーズの看板は誰になるのか。テレビの露出度に注目してウオッチしてみると分かりやすいのかもしれない。



まいじつ

「キンプリ」をもっと詳しく

「キンプリ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ