遠野なぎこが破局告白し号泣「フラれちゃった…まだ立ち直れない…」。

2月5日(水)5時3分 ナリナリドットコム

女優の遠野なぎこ(34歳)が2月4日、バラエティ番組「内村とザワつく夜」(TBS系)に出演。号泣しながら、交際を明らかにしていた男性との破局を告白した。

遠野はこの日、“恋真っ盛り芸能人”の一人として同番組に出演。恋人の情報として関西出身、40代の芸能関係者で、交際歴は約半年、婚前契約書も作ったことが紹介された。そして“今の彼氏との幸せすぎる瞬間”をまとめた再現VTRが流れる中、ワイプに映った遠野は涙を拭う仕草を見せ始めると、VTR明けには声を上げて号泣。

司会の内村光良やほかの出演者から「どうしたの?」「どうしました?」と声をかけられると、目を泳がせ、声を震わせながら「本当は…本当は…大晦日にフラれちゃった。初めて人にフラれちゃった…まだ立ち直れない…」と大粒の涙を流した。

そして「12月は幸せだったから『恋人できた』っていっぱい言っちゃって…そうしたら1月のオンエアが全部『恋人できた』になっちゃって…(破局を)言えなくて…」「年明けとかね、Yahoo!ニュースに『結婚か?』みたいなのが出て、みんなに『おめでとう』って言われて…その時もう付き合ってなくて…」と、辛い1月を過ごしていたことを告白した。

元恋人のことは「(今でも)大好き」。破局した理由については「私が悪いの…」とした上で、「どれくらい好きでいてくれるか いっぱい試しちゃったから…」「何回かに分けて試しちゃったら、3回目くらいで耐えられなくなっちゃったみたいで、でも何があっても離さないよって言って、『なぎを守るために僕は生まれてきたんだ』とか言ってくれてたのに、いなくなっちゃった…」と涙があふれた。

具体的に“試したこと”としては「一緒にテレビを観ていて、『この人とも付き合った事ある』とか、そういうこと言っちゃったの」「しかも彼の仕事関係でもあるから、彼もこれからどんどん会って行くから、やっぱりそこが耐えられないと言われて…。しかも人数がハンパじゃないから…」と明かし、「生まれて初めて結婚したいと思った」「恋愛ってよく分かってなかった。男の数はいっぱいいたけど…」反省。

破局した日のことも、「(彼の家に行き)ピンポンって押したんだけど出てもくれなくて、メールがその場で来て、『もうこういう事は止めてください。帰ってください』『これ以上嫌いにさせないでください』って言われて…」と告白し、「初めて自分がすっごい重い女だなと思って。こんなに好きで忘れられなくて」「失恋したことがないから、どうやったらこの苦しみから抜けられるか分からない」と悩みを打ち明けた。

そんな打ちひしがれる遠野に、内村は「時間が必要」、いとうあさこは「急になんでもないんだけど、カーテン開けて、晴れてるってだけでスッキリする日が来るから!」とアドバイスを贈り、コーナーを締めくくった。

遠野は2009年5月に2歳年下の会社員と結婚も、1か月で別居、同年7月に離婚し、わずか72日間の結婚生活が“芸能界最速”と話題を呼んだ。その後、過去の8股交際を告白するなど奔放なキャラクターでブレイク。今年1月4日放送の「有吉ゼミ」(日本テレビ系)で4〜5年ぶりに恋人ができたこと、“婚前契約書”を作成したことなどを明かし、一部メディアで「結婚へ」と報じられたが、これを即否定していた。

ナリナリドットコム

「遠野なぎこ」をもっと詳しく

「遠野なぎこ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ