薬漬けだったジャスティン・ビーバー、大麻やMDMAなど

2月5日(水)4時10分 ナリナリドットコム

ジャスティン・ビーバーは、常にスポットライトを浴びる自分の人生から逃げるようにドラッグに手を染めたという。YouTubeで発掘された13歳の時、初めて大麻を吸ったことを本人が明かしている。そして大麻の後には「パープル・ドランク」や「シザープ」とも呼ばれるリーン、MDMAのモーリー、マジックマッシュルームと手あたり次第始めたそうだ。

YouTube配信のドキュメンタリー「ジャスティン・ビーバー:シーズンズ」の中でジャスティンは、次のように話している。

「僕にとってドラッグは逃避だった。幼かったんだ。僕の人生はカメラの前にあって、その露出レベルたるや凄まじかったよ」

そして、法に触れるトラブルで紙面を賑わすことになるジャスティンだが、当時について「このビジネスの中にある間違ったものに価値を置いていた。自分の目の前にぶら下がっていたものさ。真実を言えば、僕は道具を全く持ち合わせていなかったんだ。良いチームプレイヤーになるための道具を両親は教えてくれなかった」と振り返った。

しかし、このままでは自分が死ぬと思い、しらふになることを決断したそうだ。

「僕は死にかけていた。皆は知らないけど本当にやばかったし、狂気の沙汰だったんだ」
「まず僕は自分に言い聞かせた。『神様、もし本当にいるなら今シーズン僕にドラッグを止める力を下さい。そうすれば、そこから後は自分で乗り切ります』って。でも実際に何かをしたわけじゃなかった。ドラッグは止めたけど、その根底にあるものが無くなることは決してなかった。ほとんどの人が経験するように回りまわって戻ってきてしまったんだ」

一方、同ドキュメンタリーには妻のヘイリー・ビーバーも出演。ジャスティンがしらふになってから出会ったというものの、その時の気持ちが理解できるとして、こう話している。

「本当に若い時に酷いほどの不安に取りつかれ、診断もされず、自分のその感情が何であるかわからないってなったら、自分で薬をやったりするものでしょう。気分を良くしようと。単に何も感じないようにしようとね」

そして現在、ジャスティンは自身の不安に対処するため、自宅に酸素カプセルを設置。ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド (NAD)IVセラピーで体内の毒素を排出しているそうで、ヘイリーは「かつてドラッグ依存だった人々がしらふになっても、脳の快楽中枢が普通に機能しないのよ。NADは脳のその部分を修復する効果があって、快楽中枢を普通の状態に戻すのに役立つの」と続けた。

ナリナリドットコム

「ジャスティン・ビーバー」をもっと詳しく

「ジャスティン・ビーバー」のニュース

「ジャスティン・ビーバー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ