寺田農 三船敏郎さんは気遣いの人だったと振り返る

2月5日(金)7時0分 NEWSポストセブン

三船敏郎さんの思い出を語る寺田農

写真を拡大

 俳優の寺田農は、多くの映画監督から重用されてきたが、なかでも岡本喜八監督作品によく登場した。岡本作品に出演したことで知己となった大スター・三船敏郎さんとの思い出を語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』からお届けする。


 * * *

 寺田農は1968年、岡本喜八監督による戦争映画『肉弾』の主演に抜擢されている。


「その前に岡本さんが撮った『日本のいちばん長い日』に出ることになって、衣装テストをやったんですよね。そうしたら、監督がやたら触ってくるんだ。それで『あ、この人はそっちの人なんだ』と思って。


 その出演は流れたんだけど、しばらくして岡本さんと麻雀することになったんだ。事前に脚本を渡されていてね。ああ、これはオーディションなんだと思った。それで夜中まで麻雀やった後でようやく話が出て、それですぐにOKになったの。『君は顔もひねくれているけど、麻雀も相当ひねくれているね』とか言われて。その時に、前の衣装テストのことが話題になったんで『監督はそっちの人かと思った』と言ったら笑ってね。


『寺田君の痩せ具合を確認していた』と言うんだ。その頃から、俺で行こうというのはあったのかもしれない。ずっとドラム缶に入っているのが絶対条件の役だから、体重があると向かないわけなんだよね。


 現場では監督からの演技指導は一切なかった。『思うようにやれ』と。ただ、あれは監督の自伝的作品でもあるから、監督の毎日の姿勢を見ていると自然に演じ方は見えてきた。あの映画はやたら走るシーンが多いんだけど、サッカー部だったから綺麗に走るのは得意でね。監督もそこは喜んでくれたという覚えはあります」


 岡本監督が翌年に撮った時代劇映画『赤毛』では三船敏郎と共演している。


「この映画が演技の小細工を考えた最初だね。監督に『こうしたい、ああしたい』と提案したら、ほとんどがOKで。だから好き勝手にやった。『肉弾』では主演男優賞をもらったけど、自分の中では監督の操り人形という感覚があった。でも、『赤毛』は自分が役というものに目覚めて、いろいろと工夫したから、自分としてはこっちで賞が欲しかった。


 この時期になると、段々と演じることが面白くなってきたから、できないながらも何かをやっていきたいという想いが芽生えるようになっていたんだ。


『赤毛』が縁で劇団を辞めて三船プロに行ったの。三船さんも『来い』と言うし、岡本さんに相談したら岡本さんも『三船ちゃんの所に行った方がいい』と。でも、『来い』と言う割にはマネジメント体制もなくて、マネージャーもいなくてね。


 三船さんは気遣いの人だった。当時、俺はATG新宿文化の映画がハネた後で夏八木勲、石立鉄男、伊武雅刀、吉田日出子とかとアンダーグラウンドの芝居をやっていて。『リチャード三世』を現代風にやってみようということで稽古をしていたら、三船プロのプロデューサーがやってきて『社長がこの間イギリスに行ってきたんだけど、「寺ちゃんにこれを渡して」って言うんだ』って。それがシェイクスピアの生家とかの観光パンフレットで。

 

 芝居の参考にはならないんだけど、『何かに役立てば』って、気を遣ってくれたんだ。かつての大スターはみんな、そういう繊細さがありました」


撮影■藤岡雅樹


※週刊ポスト2016年2月12日号

NEWSポストセブン

「寺田農」をもっと詳しく

「寺田農」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ