ゲス不倫が人間関係に影? ベッキーと上戸彩が共演NGの理由

2月5日(日)7時0分 NEWSポストセブン

ゲス不倫が人間関係に影?

写真を拡大

 テレビ局が番組を制作する際、頭を悩ませるのが「キャスティング」だ。芸能界の中には、強烈なライバル意識やスキャンダル絡みで“共演NG”になっている組み合わせも多い。


 例えば、今やテレビで見ない日はないヒロミ(51)。一時は芸能界から完全に姿を消していたが、その原因はある大御所からの“共演NG”だったといわれている。


堺正章(70)です。『発掘!あるある大事典』(フジテレビ系)でコンビを組んでいましたが、大先輩の堺に対して『最近ちょっとおもしろくないよね』と茶化したことが逆鱗に触れたといわれています。両者ともわだかまりはないといっているが、真相はヤブの中。


 再ブレイク後、2人は一緒に射撃に行くなど仲直り。昨年12月には『新チューボーですよ』(TBS系)で再共演も果たした」(芸能記者)


“男女関係”が原因で共演NGに認定されるケースも多い。


「故・中村勘三郎さんとの不倫が取り沙汰された宮沢りえ(43)と、勘三郎さんの妻・好江さんに同情する大竹しのぶ(59)……という構図で、勘三郎さんの生前は2人の共演は絶対NGでした」(前出・芸能記者)


 昨年、世間を騒がせたベッキー(32)の“ゲス不倫”も人間関係に影を落とした。


「親友・上戸彩(31)の結婚で独身のベッキーと微妙な距離が生まれていましたが、決定的だったのがベッキーの不倫。


 上戸は『どうして相談してくれないんだろう』という思いが強かった。最近になってベッキーから『迷惑かけてごめんね』と謝ったようで、現在は元通りの仲に。でも、テレビ関係者は“危うきに近寄らず”で、共演NGのままです」(テレビ局関係者)


 こんなスリリングな裏事情を知れば、普段ボーッと見ているテレビががぜん面白くなるかもしれない。


※週刊ポスト2017年2月10日号

NEWSポストセブン

「ベッキー」をもっと詳しく

「ベッキー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ