『おんな城主 直虎』子役3人衆 かわいすぎる座談会!

2月5日(日)7時0分 NEWSポストセブン

大河ドラマ『おんな城主 直虎』での熱演が話題の子役3人衆

写真を拡大

 大河ドラマ『おんな城主 直虎』の1話が放送されるなり、おとわ、亀之丞、鶴丸を演じている子は誰!? と話題騒然! 異例の4話連続で子役が主役を演じたことでも注目を集めましたが、1月29日の回で出演が終わってしまって“チビ直虎ロス”になっている人も多いのでは…?


 そこで、本誌・女性セブンでは、おとわ役・新井美羽(10才)、亀之丞役・藤本哉汰(13才)鶴丸役・小林颯(11才)3人を緊急招集〜! 「久しぶりに会えて、すっごく嬉しい」と口をそろえて大喜びの3人に、仲良しエピソードから撮影の思い出までたっぷり聞きました。


——オーディションに合格した時は、どんな気持ちだった?


美羽「もう嬉しすぎて! 妹のことを揉みくちゃにしちゃったり(笑い)、部屋の中を飛び回ってました」


哉汰「本当に嬉しくて、泣きながら飛び跳ねて『よっしゃー!』って」


颯「ぼくは連絡が来た時に、お母さんと駅のホームにいたから、すごく嬉しかったんですけど、騒げなくて(笑い)」


美羽&哉汰「あはは!」


——すぐに仲よくなれましたか?


颯「最初はみんな緊張してたから、あんまり話せなかったんだよね?」


美羽「うん。かなかな(※哉汰)は、すごい優しそうでカッコいいなって♪ かいかい(※颯)は、すっごく頭が良さそうで。先生みたいだから、今すぐ勉強を教えてもらいたいなって思いました」


哉汰「最初はおとなしいのかなって思ってたけど、美羽ちゃんも颯くんも元気で優しくて、楽しかったです!」


美羽「みんなで笑い転げるくらい遊びました。浜松城にも一緒に行ったりして、あの時はおもしろかったね〜♪」


颯「あとはお化けの話をしたり」


美羽「毎日、毎日、怖い話を持ち込んできて…! かいかいは、いざとなると自分も怖いって言うのに、すっごい怖がらせてくるから!」


颯「へへへ」


哉汰「美羽ちゃんのリアクションがすごくて、思わず笑っちゃいました」


美羽「笑ってたの〜?(笑い)。私は妹しかいないから、一緒に遊んで、勉強も教えてくれて嬉しかったです」


颯「勉強を教えている時に、わざと少し違う答えを教えたんです(笑い)」


美羽「そう! 信じてたのに〜。だから、かなかなに、かいかいが先生だと間違えちゃうから、先生やって〜ってお願いしてました(笑い)」


——お気に入りのシーンはある?


哉汰「おとわとの別れのシーン。最初は自暴自棄になっていたけど、おとわが励ましてくれて、もっと強くなって帰ってくると決意するシーンは大変だったけど、すごくお気に入りです」


颯「父上と対峙するシーンで、真剣にやらなくちゃいけないんですけど…。父上役の吹越(満)さんがリハーサルの時に投げキスとかしてきて(笑い)」


美羽&哉汰「あはは!」


颯「役になりきって、必死で笑いをこらえたことが思い出に残っています」


美羽「鬼ごっこのシーン。かいかいが本気で走ってくるから、追いつかれないように必死で逃げました(笑い)」


——将来、お嫁さんをもらうなら、おとわみたいな活発な子がいいですか?


哉汰「あんまり考えたことがないけど、おとわみたいな子は優しくて明るくて元気でいいなって思います」


颯「ぼくはおとなしい子のほうが…」


美羽「!!!」


——大丈夫だよ。美羽ちゃんのことじゃなくて、おとわだから(笑い)。


美羽「そっか♪」


颯「ぼくがあまり活発ではないから、ついていけない気がするんです」


——美羽ちゃんは、もしお嫁さんになるなら、亀之丞と鶴丸どちらがいい?


美羽「えーーー! 鶴は面白いし、亀は優しいから…合体したのがいい」


哉汰&颯「あはは!」


※女性セブン2017年2月16日号

NEWSポストセブン

「おんな城主 直虎」をもっと詳しく

「おんな城主 直虎」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ