「人生会議」で出すべき究極の結論は、人生の長さか質の高い命か

2月5日(火)7時0分 NEWSポストセブン

『自分らしい「生き」「死に」を考える会』代表の渡辺敏恵さん

写真を拡大

「“終末期になったら延命はしないでと、子供に言ってあります”。そんなふうに安心しておられるかたがたくさんいます」と言うのは、『自分らしい「生き」「死に」を考える会』代表の渡辺敏恵さんだ。


 確かにこれは常套句。回復の見込みがない“終末期”に、苦痛のイメージがある“延命”を拒否すると、一定の意思表示をした気になる。


「終末期とは、現在の医療では回復が難しい状態のこと。最近は“人生の最終段階”とも呼ばれます。しかし、その期間や状態はさまざま。慢性疾患がゆっくり悪化して終末期が長く続く場合や、事故や心臓発作などで突然、命の危機が訪れる場合、あるいは認知症や老衰などでは機能低下した状態が続き、いつが終末期かの判断が難しいこともあります」(渡辺さん・以下同)


“延命治療・延命処置”は、終末期に選択を迫られる重要事項だが、その言葉は漠然としたイメージで使われることも多いと渡辺さんは指摘する。


「延命治療とは、病気の治癒のために行う救命治療ではなく、避けられない死を一時的に延ばす医療行為のこと。一般的な延命処置には、口から食べられなくなったときに胃ろうを造設したり鼻からチューブを入れたりする経管栄養法、血管から栄養を入れる静脈栄養法、呼吸が困難になったときに行う人工呼吸器の装着、心肺蘇生のための心臓マッサージなどがあります。でもこれらは、状況によっては生きるための救命治療にあたることもあり、延命か救命か、明確な線引きが難しい場合もあるのです」


 特に“食べられない”状態の見極めは難しい。


「人が口から食べられなくなるのは、病気が原因だったり死が近づいたことを示唆する場合もあり、判断が悩ましいところ。胃ろうは否定的なイメージもありますが、是非論だけで考えるべきではありません」


 終末期に自分が望む医療やケアについて、事前に家族や医療者と話し合い、共有する『人生会議』。そこで出すべき究極の結論はズバリ“生きる長さか、質の高い命か”だ。


「人間個体の細胞の命は限られています。よい質を保ちながら長く生きられるのが理想ですが、残念ながら長く生きればだんだん質は落ちていく。生きる長さと質を天秤にかけるときが必ず来る。どこかで折り合いをつけなければならないのです。そこを考えるのが『人生会議』といってもいいかもしれません。


 たとえば、口から食べるという“質”に重きを置くなら、食事の形状や食器、環境など“食べる”方法を模索する生き方があります。また『孫の結婚式に参列するまでは何としても生きていたい。そのためには胃ろうもOK』という生き方もある。ちなみに胃ろうをつけて穏やかに前向きに暮らす人はたくさんいます。


 こういった具体的なシーンの中でどう生きたいか、何を選ぶかを繰り返し話すうちに、“本人の意思”が導き出され、家族の理解も深まります。万一、本人が意思を伝えられない状態で家族が選択を迫られ、迷ったときも、この経験が頼りになります」


※女性セブン2019年2月14日号

NEWSポストセブン

「終末期」をもっと詳しく

「終末期」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ