明石家さんま「ゴヤールを小脇に」の私服がオシャレすぎる

2月5日(水)16時0分 NEWSポストセブン

カジュアルにまとめ小脇にはゴヤールのポーチが

写真を拡大

 若者の街・渋谷の夕刻に、鮮やかなネイビー色のゴヤールのポーチを小脇に抱えて現れたのは、お笑い芸人の明石家さんま(64才)。ブルーのデニムと紺のパーカーと、コーディネートもばっちりだ。


 ゴヤールは200年以上の歴史を持つフランスの高級バッグブランド。さんまのゴヤール好きは有名で、過去にも、テレビ番組で赤いボストンバッグを披露していた。芸能界で多くのタレントを担当する、あるスタイリストは「さんまさんのオシャレ度は、芸能界でも指折りです。いつも全身をセンスのいいブランド品でまとめられています」と明かした。


 この日は、1月29日。5年ぶりの舞台出演を果たした新作主演舞台『七転抜刀!戸塚宿』の東京公演・千秋楽を終えたところだった。そもそも、還暦60才を過ぎても、スリムなスタイルは全く変わらない。


「細身の体形の人に似合う、ヨーロッパのブランドが多いですね。少しカジュアル系がお好きなのかな。イタリア発のディースクエアードをセクシーに着ていることが多いですよ。クリスティーアーノ・ロナウドなど、さんまさんの大好きなサッカー選手たちも愛用してますからね」(同スタイリスト)


 ほかにも、パリ発のメゾン キツネなど、やはりスポーティー、もしくはカジュアルだけど品のあるブランドの洋服が好みのようだ。あるテレビ関係者は「しかも、鼻につく感じに高級ブランドで固めてるわけではなく、さらりと着こなされている。我々もお手本にしたいさわやかさです」と絶賛した。


 親友の木村拓哉にも、ディースクエアードのバッグをプレゼントするなど、小粋な着こなし、振る舞いは、さすがの一言。女性セブンは、この数日前に、同じ渋谷の飲食店で、さんまが、今田耕司(53才)が幹事をした3対3の合コンに、岡村隆史(49才)と参戦していたと報じている。いまだ変わらぬ若い女性との日常的なコミュニケーションが、いつまでたっても洗練されたセンスと若々しさを保つ秘訣であることは、間違いない。

NEWSポストセブン

「さんま」をもっと詳しく

「さんま」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ