スピードワゴン小沢、NGT48・荻野由佳からのメールに疑問「俺らの機嫌を損ねないため?」

2月6日(水)15時30分 AbemaTIMES

 5日、『スピードワゴンの月曜The NIGHT』(AbemaTV)が放送された。

 今週は「第3回女性準レギュラー決定戦SP」と題し、彩川ひなの、小柳歩、三田寺理紗、薄幸の4人が準レギュラーの座を賭けて、トーク力やツッコミ力などをさまざまなバトル企画で競い合う。見事準レギュラーの座を射止めることができれば、3ヶ月間「好きなときに番組に来られる」権利を得られるということで、オープニングから全員の本気度の高さが伺える。


 オープニングトークで、井戸田潤は現在の準レギュラーであるNGT48荻野由佳からメールを預かっていると切り出す。「今日はスケジュールの関係でスタジオにお伺いできず申し訳ございません」と、今回の収録に参加できないことへの謝罪から始まり、「またスタジオに遊びに行かせてください」と結ばれたメールを井戸田が読み上げると、小沢一敬は「でも来れないなら来れないなりに、メールじゃなくて手紙が欲しいよね」と眉を顰める。

 さらに小沢は、メールだと誰が書いたのかも分からないため「俺らの機嫌を損ねないために書いただろ!」と、スタッフが代筆したのでは? と疑い出す。「そういやそうだね」と納得する井戸田を横目に、「手書きだよ、こういうときは普通!」とヒートアップする小沢。


 しかもメールの送信時刻が番組開始の1時間前だったため、「(スタッフが)慌てて作ったな……」とさらに疑いを深めていく。さすがに井戸田も「疑りすぎですよ!」とツッコミを入れ、番組を進行させていた。


(C)AbemaTV


▶︎【見逃し配信】スピードワゴンの月曜The NIGHT#144〜第三回女性準レギュラー選手権

AbemaTIMES

「スピードワゴン」をもっと詳しく

「スピードワゴン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ