YOSHIKI「自分はまだX JAPAN」発言が暗示するものとは?

2月6日(木)17時58分 アサ芸プラス

 X JAPANのYOSHIKIが自身のインスタグラムでX JAPANについて触れ、突然のことにファンが驚く事態になっている。

 その投稿は2月2日のもの。YOSHIKIとドラムの写真と共に、〈I think I’m still #yoshiki from #xjapan.〉と記している。直訳すると「私はまだX JAPANのYOSHIKIだと思っている」となる。

「ファンはX JAPANが今、暗礁に乗り上げていることを知っています。YOSHIKIとToshIの不仲が取り沙汰され、グループとしてはほとんど活動していません。YOSHIKIはSixTONESに楽曲を提供したり、HYDEやKISSとコラボしたりとX JAPAN以外の活動に余念がない。ファンの目には『YOSHIKIはX JAPANを捨てている』と写っています」(芸能ライター)

 そんな時に飛び出した「自分はまだX JAPAN」宣言。この他にコメントがなく、YOSHIKIの真意はわからないまま。明らかなのはYOSHIKIがSNSでX JAPANについて触れるのが久しぶりであるということだけだが、ファンを安心させようという意思は感じる。

「改めて自分の立ち位置を示すことで、X JAPANがまだ終わっていないと伝えたいのでしょう。これなら新アルバムのリリースを少しは期待してもいいのかもしれません。いや、出ると信じたいですね」(前出・芸能ライター)

 自分はまだX JAPANのYOSHIKI、その言葉を信じるしかない。

アサ芸プラス

「X JAPAN」をもっと詳しく

「X JAPAN」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ