実写『BLEACH』朽木ルキア役に杉咲花!「観てくださる方々の胸に響くような作品に」

2月5日(月)11時37分 映画ランドNEWS

久保帯人原作の同名ジャンプコミックスを、福士蒼汰主演で実写映画化した『BLEACH』の公開日が7月20日(金)に決定。合わせて、朽木ルキア役に杉咲花がキャスティングされたことがわかった。


BLEACH


原作は、霊が見えること以外は普通の高校生・黒崎一護が、ある日突然現れた死神・朽木ルキアから、死神の力を与えられ、家族や仲間たちのために虚<ホロウ>と呼ばれる悪霊たちと戦う物語。映画では、原作の“死神代行編”のエピソードを中心にストーリーが展開される。主人公・黒崎一護を福士蒼汰が演じ、監督を『GANTZ』『アイアムアヒーロー』などで知られる佐藤信介が務める。


BLEACH


杉咲が演じる朽木ルキアは、黒崎一護に死神の力を渡したことから人間を襲う悪霊:虚<ホロウ>を唯一斬ることができる死神の力を失い、普段は普通の女子高生の姿に身を扮し、一護と行動を共にしながら次第に心を通わせていく。


杉咲はルキアを演じるにあたって「ルキアという逞しく純粋な死神を自分が演じさせていただけるからには、原作を何度も読み返しアニメも観させていただき、自分なりにルキアを調べて役づくりさせていただきました」とコメント。


BLEACH


『無限の住人』でも共演した福士との再共演について「福士さんとは、これまで他の作品で何度か共演させていただいたので、初日から安心して撮影に臨むことができました。今回、人間、死神という役柄の中、一護にもルキアにも心がある、ということを台本を読んで感じました。お互いの存在がお互いを生かし合い、強くなっていく一護とルキアの2人が、大好きになりました。福士さんが一護だったからこそ、そう感じることができたのだと思います」と振り返っている。


本作については「私が現場で実際に感じた2人の友情は、きっと観てくださる方々の胸に響くような作品になっているのでは、と思っています!」と自信をのぞかせた。


「ルキアは死神であり、人間ではないキャラクターです」と語る佐藤信介監督は、「こうした異世界感が感じられるキャラクターを演じるというのも非常に難しいと思うのですが、杉咲さんはとても慎重かつ丁寧に、一方で大胆に、この役を演じられました。撮影現場でも、杉咲さんはルキアと表裏一体。表情、立ち振る舞い、話し方など、ルキアにしか見えなかったです。和装に身を固め、刀を持ち、黒髪をまとめたその姿は、勇ましくもあり、凛々しくもあり、そして何よりも愛くるしいほどキュートでもありました。杉咲さんにしか演じられない、人間味あふれる死神、ルキアの活躍を是非、劇場で楽しんでいただければと思います」と太鼓判を押している。


映画『BLEACH』は7月20日(金)より全国公開


【CREDIT】

原作:「BLEACH」久保帯人(集英社 ジャンプ コミックス刊)

監督:佐藤信介

出演:福士蒼汰 杉咲花

配給:ワーナー・ブラザース映画

公式サイト:bleach-movie.jp


©久保帯人/集英社 ©2018映画「BLEACH」製作委員会


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「実写」をもっと詳しく

「実写」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ