『blank13』高橋一生、“監督”齊藤工に感謝「信頼して見守ってくれた」

2月3日(土)20時7分 映画ランドNEWS

映画『blank13』初日舞台挨拶が3日、都内・シネマート新宿にて行われ、高橋一生、神野三鈴、リリー・フランキー、監督の齊藤工が登壇した。


blank13



俳優の斎藤工が「齊藤工」の名義で長編監督デビューを果たした本作。放送作家・はしもとこうじの実話を基に、13年前に突然失踪した父が余命3カ月で見つかったことから始まるある家族の物語。主人公・幸治役に高橋一生、彼女役に松岡茉優、失踪した父親役にリリー・フランキー、母親役を神野三鈴が務め、斎藤工自身も主人公の兄役で出演する。音楽監督は俳優・ミュージシャンとしても活躍中の金子ノブアキ、スチール撮影を世界的フォトグラファーのレスリー・キーが務め、製作には福山雅治も名を連ねている。


blank13


本作で長編監督デビューを果たした齊藤監督は「独創的な映像センスがあるわけでもなく、統率力があるわけでもなく、僕がしたことは原案であるはしもとさんの話を、リレーの第3走者くらいで丁寧にバトンを最終走者である皆さんにお届けしただけです。今日に至るまで、繋ぎ手としてやってきただけです。本当に素晴らしいキャスト・スタッフの方に恵まれました。本当にありがとうございます」と感慨深くコメント。


blank13


齊藤監督の印象を聞かれた高橋は「監督をされることはとても難しいことだと思うんです。工さんは信頼して見守ってくださっていた。僕はそれが何よりも嬉しくて、この作品では俳優さんとしても出演していますが、監督さんとして認識して一緒にお仕事をしてきました。とても心強い方がそばにいてくださって、とても有り難かったですね」と感謝と労いの言葉を贈った。


blank13


続けて、「この作品に入る前に、たいぶ作品のことをお話させていただける時間を設けてくださって。『こういう映画が好きなんです』とか、そういうお話をしっかりさせていただいた上で、あるベクトルのようなものが(齊藤監督と)一緒なんだろうなと感じることができた。こういった形でご一緒できたのはご縁ですし、幸せだと思っています」と笑顔をのぞかせた。


blank13


登壇した高橋、リリー、神野と初めて競演した齊藤監督。キャスティングの意図を聞かれると「この作品で初めましてなんです。もう一方的に、だいぶ前から心を動かされていて、一種の恋心のような想いを抱いている方たちばかり。映画を撮るのは最初で最後だろうと思っているので、どうせなら、やけくそな気持ちで声をかけさせていただきました」と明かす。


blank13


「僕がどこか方向を失っている時、一生さんが作品を目指すところに導いてくれた。神野さんが温かく光のような存在でいてくれたり…僕は現場でなにもしていないのが正直なところです」と謙遜していた。



映画『blank13』はシネマート新宿にて公開中/2月24日(土)より全国順次公開


【CREDIT】

監督:齊藤工

出演:高橋一生、松岡茉優、斎藤工、神野三鈴、榊英雄、金子ノブアキ、村中玲子、佐藤二朗、リリー・フランキー他

公式サイト:www.blank13.com


(C)2017「blank13」製作委員会


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「高橋一生」をもっと詳しく

「高橋一生」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ