任天堂「スーパーマリオ」アニメ映画化!『ミニオンズ』のイルミネーションとタッグ

2月3日(土)21時53分 映画ランドNEWS

「スーパーマリオブラザーズ」のアニメーション映画が制作進行中であると、任天堂が正式に認めた。



任天堂は映画化にあたり、『ミニオンズ』や『怪盗グルー』シリーズで知られるイルミネーション・エンターテインメントとパートナシップを結び、マリオを主人公としたアニメーション映画の実現を目指しているとNintendo of Americaの公式Twitterで明らかにした。


本作は任天堂の代表取締役・宮本茂とイルミネーション・エンターテインメントのクリス・メレダンドリが共同プロデューサーを務める。ゲームプロデューサーでもある宮本茂は「スーパーマリオブラザーズ」や「ゼルダの伝説」シリーズの生みの親として知られている。


クリス・メレダンダリは、『怪盗グルー』シリーズのプロデューサーとして広く知られているが、『アイス・エイジ』などのアニメーション作品やハリウッドの実写映画をプロデュースしてきた実績がある。


昨年ウォール・ストリート・ジャーナルが両者の提携を取り上げていたが、任天堂が正式に認めるのは今回が初めて。どのような映画になるか、その詳細は明らかになってはいない。昨年3月に発売された「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」の好調な売れ行きによって、2009年以来の高収益を記録した任天堂。その任天堂がついにマリオが主人公のアニメーションの制作へと乗り出した。




参考:https://www.forbes.com/sites/erikkain/2018/01/31/a-super-mario-movie-is-in-the-works-from-the-makers-of-despicable-me/#662d4bf87643


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「アニメ」をもっと詳しく

タグ

「アニメ」のニュース

「アニメ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ