カンヌ脚本賞受賞『幸福なラザロ』日本版予告、NYタイムズ紙が激賞「すでに古典ともいえる最高傑作」

2月6日(水)2時0分 映画ランドNEWS

第71回カンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞した映画『幸福なラザロ』が4月19日(金)より公開される。この度、本作の日本版予告が解禁となった。


幸福なラザロ


北米公開時には本作を観たマーティン・スコセッシが絶賛し、映画完成後にプロデューサーに名乗りを上げるという異例のバックアップをした。またNYタイムズ紙が2018年ベストテンの5位に選出し「すでに古典といえる最高傑作」と激賞するなど、世界中で観た人を感動の渦に巻き込んでいる話題作だ。


観る者に圧倒的な幸福感を与える、主人公の少年ラザロの無垢なる魂は、映画史に名を残す名作『道』のヒロイン・ジェルソミーナや、『ダンサー・イン・ザ・ダーク』でビョークが演じたセルマをも超えるイノセンスとの呼び声も高い。監督は、長編監督作の全てがカンヌに出品されてきたイタリアの新しい才能アリーチェ・ロルヴァケル。フェリーニ、ヴィスコンティ、パゾリーニ、イタリア映画史に燦然と輝く巨匠たちの遺伝子を受け継ぐロルヴァケル監督は、本作で観客の想像を超える壮大なドラマを生み出し、新しい地平を切り開いた。


ロルヴァルケル監督は、本作製作のきっかけになったイタリアで実際に起こった農民達の隔離や労働搾取という驚愕の事件について「歴史的な転換期に乗り遅れてしまったこの農民たちの物語に、私はずっと心を動かされてきました。この新聞記事は次の日には忘れられてしまうようなニュースです。壁に貼られた記事はすっかり日焼けし黄ばんでも、この記事だけが、世界が崩壊したこと、そして彼らが置き去りにされたことを示す記録だったのです。」と、長く感じ続けていた衝撃について紹介。また、本作のテーマを「この映画が伝えるのは、この世で生きていく上で、誰のことも疎まず、人を信じ切ることの尊さです。生きていく方法は他にもあると思い込み、善なる生き方を拒み続けている私たちに、その事実を突きつけるのです」と語っている。


また、ラザロが絵本の世界に迷い込んだかのような印象的な海外のアートワークを採用した特製イラストポストカード付き特別鑑賞券(税込1,500円)が、Bunkamuraル・シネマほか本作の一部の上映劇場で発売中(ポストカードは限定数・先着順)。



映画『幸福なラザロ』は4月19日(金)よりBunkamuraル・シネマ他全国順次ロードショー


(C)2018 tempesta srl・Amka Films Productions・Ad Vitam Production・KNM・Pola Pandora RSI・Radiotelevisione svizzera・Arte France Cinema・ZDF/ARTE


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「カンヌ」をもっと詳しく

「カンヌ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ