SKE松村(29)を襲った幕切れ 卒コン締めで悲鳴

2月6日(水)15時42分 J-CASTニュース

卒業コンサートの最後で粉まみれになるSKE48の松村香織さん (c)AKS

写真を拡大

AKB48グループで最年長メンバーとして知られるSKE48松村香織さん(29)の卒業コンサートが2019年2月5日、さいたま市内で開かれた。

デビューはアイドルとしてはきわめて遅い19歳だった。数年間にわたって鳴かず飛ばずの状態が続いたが、SNSのGoogle+(グーグルプラス、ぐぐたす)の投稿をきっかけにブレイク。書き込みが活発だったメンバーを選んだ「ぐぐたす選抜」による楽曲「ぐぐたすの空」にも選ばれた。この曲はコンサート終盤にも披露され、松村さんは「この曲は本当に、私のSKE人生、48グループ人生のすべて」などと感謝の言葉を繰り返した。



2015年選抜総選挙は13位で「選抜」入り




松村さんは埼玉県和光市出身。メイドカフェやキャバクラの店員を経て、AKBよりも年齢制限が厳しくなかったという理由で、19歳だった09年に名古屋を拠点にするSKE48のオーディションを受け、須田亜香里さん(27)と同じ3期生としてデビューした。デビューからしばらくは人気が低迷、10年、11年の選抜総選挙ではランクインを逃した。転機になったのが、11年12月にAKB48グループがGoogle+の利用に乗り出したことだ。松村さんの情報発信の機会は、輪番制だったSKEの公式ブログに書き込む程度だったが、それがGoogle+で大幅に広がった。


特に人気を呼んだのが、松村さんが12年1月にGoogle+で始めた動画番組「今夜も1コメダ」。コンサートのメイキング映像など、舞台裏を紹介する異色の内容が評判になった。
これがきっかけで3月には松井玲奈さん(27=15年卒業)や山本彩さん(25=18年卒業)、横山由依さん(26)らと「ぐぐたす選抜」16人に選ばれ、楽曲「ぐぐたすの空」が書き下ろされた。この影響で知名度が上がり、12年の選抜総選挙では34位で初ランクイン。15年には13位にまで順位を上げ、上位16人の「選抜メンバー」入りした。



ファンの異臭問題で「クロ現」にも出演



人気が出てからもアイドルとしては異色の存在だった。17年には握手会でのファンの体臭が問題になっていることをツイートしたことが話題になり、握手会で「ちゃんとスプレーした?」と呼びかける場面が「クローズアップ現代+」(NHK)で流れた。18年2月に開かれたプロレスドラマ「豆腐プロレス」(テレビ朝日)のイベントでは、アジャ・コングさん(48)と対戦してパイルドライバーをお見舞いされるなど、体を張った活動も注目された。東京スポーツでは競馬予想コラム「炎上予想」を連載している。



「ぐぐたすの空」は、松村さんの方向性を大きく変えた楽曲で、卒業コンサートでも


「この曲は本当に、私のSKE人生、48グループ人生のすべてになっています。この曲に選ばれたから、もっと頑張ろうと思いましたし、辞めなくてすみました。皆さんに聴いていただき、本当によかったです」

「まさか、ぐぐたすが始まる前、ずーっと掲示板ばっかり見たり、書き込みとかをしてたり...私がここまでなれるなんて、本当に想像できません。こんなステージに立てているのも、ファンのおかげです」

などと、感謝の言葉を繰り返した。



松村さん卒業は4月末、Google+サービス終了は4月2日




コンサートの幕切れも異色だった。松村さんが


「本当に皆さんに出会えてよかったです。本当に今日はありがとうござい...」

と涙ながらにあいさつするところで、ステージの床が抜けて松村さんは落下、粉まみれになるというサプライズが用意されていた。松村さんが「マジで聞いてない!」と悲鳴を上げる中、メンバーから普通のドレス姿ではなく粉まみれの写真の方が多く報じられそうだと指摘されると、


「ネットニュースにしてくださーい!」

とおどけていた。



松村さんのSKE48としての活動は4月末で終了する見通し。Google+の個人向けサービスが終了するのは4月2日だ。



(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

J-CASTニュース

「メンバー」をもっと詳しく

「メンバー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ