多部未華子に整形疑惑が急浮上も、「新ドラマの役作りでは」の指摘

2月6日(金)22時0分 メンズサイゾー

 女優の多部未華子(26)が、4月からスタートする連続ドラマ『ドS刑事』(日本テレビ系)の主演を務めることがわかった。そんな彼女にネット上で整形疑惑が浮上している。


 この疑惑は、彼女が同ドラマのPRで5日に放送された『ZIP!』(同)に出演したことがきっかけで持ち上がったもの。元々、多部は派手な印象がなく素朴なルックスが持ち味であったが、同番組出演時の彼女には「目と鼻いじった?」との指摘が相次いでいる。


 ある日突然、顔の印象が激変し、整形疑惑が浮上する女性芸能人が多く存在する中、多部にそのようなウワサは一切なく、整形特有の不自然さとは無縁なナチュラルな魅力で人気を集めていた。今回の彼女の変貌ぶりには「前の方がかわいかったのに」と落胆の声があるが、美容に詳しいライターはこう話す。


「今回、多部さんの顔の印象が変わったと言われているのは、整形ではなくメイクのせいだと思います。多部さんはスッピンにも見えるほどのナチュラルメイクでメディアに出ることが多かったので、世間が持つ彼女のイメージがそれで固定されていた可能性が高い。だから、今回のように眉毛をきちんと描いたり、チークやマスカラを少し多めに塗っただけで『顔が変わった』と騒がれるのではないでしょうか。とはいえ、以前"花王ソフィーナ オーブクチュール"の化粧品CMに出演した際にも今回のようなしっかりしたメイクをしていたはずなんですけどね。世間にとって、しっかりしたメイクの多部さんのイメージがまだ浸透していなかっただけでしょう。彼女も26歳になって、いつまでも少女っぽいイメージでいるだけでなく、メイクで大人の女性らしさを演出したかったのかもしれませんし」


 また、彼女の顔の印象が変化したことについて「新ドラマの役作りでは」という声もある。


「彼女は4月クールの新ドラマ『ドS刑事』で、超ドSな女刑事を演じます。彼女の素朴な見た目はドSとはほど遠いイメージですから、今回のような派手なメイクでドSっぽい雰囲気を作っているのでは? 整形疑惑が浮上したのは同ドラマの番宣でのことですし、ドラマ出演時のメイクで出ることは特に不自然ではない。


 多部といえば、2011年の『デカワンコ』(日本テレビ系)と同年の『ジウ 警視庁特殊犯捜査係』(テレビ朝日系)に続き、今回で刑事ドラマは3作目ですが、『デカワンコ』でゴスロリチックな衣装の天然キャラを演じたかと思えば、『ジウ』ではスリップ姿を披露するという体当たりの演技に挑むなど、ひとくちに刑事といってもかなり幅広い演技をこなしています。また、昨年には蜷川幸雄さん演出の舞台『わたしを離さないで』に主演し、今年も1月に松尾スズキさんの舞台『キレイ〜神様と待ち合わせした女〜』の主演を務めたりと、最近の彼女は舞台へ積極的に出ているので、さらに演技力に磨きがかかっているのではと期待の声が高まっています。今回のドSな女刑事という役も、彼女の新境地になりそうですね」(芸能関係者)


 今月11日、14日、15日に放送されるスペシャルドラマ『永遠の0』(テレビ東京)では、戦時中を生きる女性を演じる多部。今後もその演技力で、整形疑惑を吹き飛ばすような活躍をしてほしい。
(文=サ乙)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ドラマをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ