狩野英孝の「今カノ」加藤紗里が整形疑惑を完全否定...ネット上では「売名」「愛人」疑惑まで噴出

2月6日(土)12時0分 メンズサイゾー

 お笑い芸人の狩野英孝(33)との交際宣言で注目されている元レースクイーンのGカップ巨乳タレント・加藤紗里(かとう・さり=25)が、ネット上で指摘されている整形疑惑を完全否定した。


 先月25日、歌手の川本真琴(42)が「半年前から彼氏がいます」「私の彼氏を取らないでください」とTwitterに書き込んだことで騒動になったが、これに加藤が「去年の冬からお互い事務所公認の上、狩野英孝とお付き合いさせていただいています」「川本さんはストーカー状態」とバッサリ。あくまで川本は「元カノ」で自分こそが「今カノ」だと主張した。


 この騒動は大きな話題になり、加藤は各局ワイドショーなどに出演。狩野から「二股はしていないし(川本とは)半年前に別れている」「これからは、よそ見しないから信じてくれ」と言われたことで結婚を視野に交際を続けることを決意したと明かしている。


 だが世間の関心は騒動よりも加藤の派手なビジュアルに集中し、ネット上では以下のような意見が飛び交った。


「鼻が高すぎ、アゴが尖り過ぎ。整形依存に見える」
「うわー、涙袋が爆発しそうになってる...目頭も切開してるんじゃないの」
「あまりにも露骨な整形顔。もうイジってないところがないんじゃ...」
「ガリガリなのにおっぱいだけデカいのは豊胸?」
「膨らみすぎてる涙袋のヤバさにテレビ見てた家族全員が凍り付いてた」


 しかし、加藤は5日に出演した情報番組『白熱ライブ ビビット』(TBS系)で整形疑惑を否定した。


 女性インタビュアーから「整形疑惑が持ち上がっている」と知らされると、加藤は「なんで?」と驚いた様子。鼻が高すぎるからではないかと指摘されると「ちょっと触ってもらっていいですか」と自身の鼻を触らせ、続けて「骨がちゃんとあると思う」と整形していないことをアピールした。


 さらに加藤は「胸も天然ものです」と主張。自身の脇の下を見せながら「(手術)跡はない」と断言し、88センチのGカップバストは正真正銘の本物であると訴えている。


 この前日にも加藤は、Instagramに胸の谷間を強調したセクシー写真を掲載しつつ「#安心してください切ってません」「#安心してください入れてません」とのタグをつけて整形を否定。一部では「ニューハーフでは?」との声まであったらしく「#安心してください付いてません」というタグも入れていた。


 だが疑惑は収まらず、整形だけでなく「売名疑惑」も巻き起こって彼女のアカウントは炎上状態になっている。


 さらに炎上を加速させているのは加藤のミステリアスさだ。最初に独占取材したスポーツニッポンに掲載されたプロフィールでは「19歳で読者モデルを始め、2012年にメルセデスベンツチームのレースクイーンに。現在はタレント兼芸能事務所の顧問」と記載されている。


 25歳にして事務所の顧問...というだけでも謎めいているが、TwitterやInstagramで報告している現在の仕事は撮影会やVシネマのチョイ役くらい。それなのに高額そうなブランド品を多数所持しており、Instagramでは頻繁に海外に出かけたり豪華なパーティーに出席したりの華麗な毎日。パーティー写真にはglobeのマーク・パンサー(45)ら有名人の顔もあった。


 また、加藤は自身のプロフィールに「海外キティちゃんイメージガールとして海外のイベントに行きます」と記載。だが、彼女がハローキティのイメージガールとして活動している形跡がネット上に見当たらないため、こちらも「自称しているだけでは」「本当にキティちゃんと関係あるの?」などとネットユーザーたちに疑われている。


 狩野をめぐっては地方在住のキャバクラ嬢らが「狩野に弄ばれた」とTwitter上で告発し、新たな火種となっている。その女性たちの中の一人が「無名の自称モデルレベルがバレンシアガのバッグとか買えないし、エルメスのバッグも何個も持ってるよね。パパいなきゃ無理でしょ」と加藤について指摘。これに賛同する意見が上がり、整形・売名に続いて「愛人疑惑」まで発生している。


 もはや三角関係騒動そっちのけで、加藤のインパクトの強さにネットが大盛り上がりしている状態。もし売名目的なら大成功といえそうだが、果たして彼女の真意はどこにあるのだろうか。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

メンズサイゾー

「狩野英孝」をもっと詳しく

「狩野英孝」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ