「1日1プリン」「マイブームはバスソルト」元Jリーガー前園真聖のガーリィなこだわり

2月6日(金)19時0分 messy

前園真聖公式ブログより

写真を拡大

 1月20日に放送された『徳井と後藤と麗しのSHELLYが今夜くらべてみました』(日本テレビ系)では、「トリオTHEギラギラしてない男」と題した括りゲストに博多華丸博多華丸・大吉)、又吉直樹(ピース)、前園真聖のお三方が登場していた。確かに華丸さんと又吉さんは、お笑い芸人なのに物腰も柔らかく、ガンガン前に出てくるタイプではないので、ギラギラ感はちっとも見受けられない。

 この中で唯一、見た目から完全にギラギラしてしまっていたのが前園さんだった。しかし今回は「ギラギラしてない男」としてやって来たので、なぜこの括りに選ばれたのか不思議に思いながら番組を見ていた。

 まずはそれぞれの簡単な紹介VTRからスタート。やはり、まるでギラギラしていない華丸&又吉コンビのVTRに対して、前園さんは、「サッカー元日本代表のキャプテン。アトランタ五輪(1996年)では『マイアミの奇跡』を演出したスーパースター!」と、過去の華々しい栄光を讃えるナレーションをバックに、当時ギラギラしていた前園選手の映像が流れたのであった。目つきは今よりも鋭く、見た目も発言もオラオラ感が漂っていた。

 しかし、現在の前園選手の自宅プライベート映像に切り替わると、そこにはペットのミニブタ(成長し過ぎてもはやミニではなく巨大ブタ)のセブン君を優しく愛でる、ちっともギラギラしていない前園選手の姿が映し出された。外庭で放し飼いにされているわけではなく、室内ブタとして人間のように堂々とリビングで寛ぐセブン君のインパクトは相当デカい。テレビで何度か前園選手がブタを飼っているという話を聞いたことはあったが、なぜに存在感があり過ぎて飼うのも大変そうなブタに走ってしまったのだろうか……。

スイーツ男子まっしぐら!

 ブタをペットにしている時点で「ちょっと変わり者なのかもしれない」と視聴者が前園選手に対して構え出したところで、またもや意表を突く「スイーツ男子」の一面を披露してくれた。前園選手のプライベート密着VTRが始まると、以前住んでいたことがあるという武蔵小山を訪れていた。

 早速、前園選手が気になっているお店があるとのことで、真っ先に向かったのはスイーツ店だった。入店した途端に大好きな美しいスイーツの数々を目にして堪らなくなったのか、密着同行していたスタッフに「一通り見ていいですか?」と断りを入れた前園選手は、ショーケース越しから舐めるように力強い目ヂカラでスイーツ吟味をし始めた。

「めっちゃヤバいっすよ!」
「僕、ロールケーキがすごい好きなんですよ。これ絶対フワフワですよ〜。わかります? この目の細かさ、絶対フワフワです! ちょっと手で触ったら沈んじゃうくらい♪」

 と、そのフワフワ感を自分の手でジェスチャーしてみたりして、スポンジの目の細かさまで興奮気味に同行スタッフに解説するのであった。あんなにギラついた顔立ちなのに、こんなにもやわらかロールケーキがお好きだったなんて意外だわ〜。

前園流「1日1プリン」の掟

 そして、ロールケーキだけではなくプリンも大好物らしく「1日1プリン」を必ず食べるようにしているのだとか。プリンに関してもやはりこだわりがあるらしく、同店でプリンを見つけるや否や店員さんに「これはどんな食感ですかね?」と、いちいち食感を確認する徹底ぶり。

 なんでも、前園選手の好きなプリンは「歯ごたえがあるタイプ」だそう。このお店は「なめらかプリンのタイプ」だとわかると残念そうにしていた。けれども、「1日1プリン」を実践している前園選手はすかさず別のスイーツ店へ直行!

 到着したのは全国展開している超有名スイーツ店「銀座コージーコーナー」であった。こちらのプリンは前園選手好みの固めの歯応えだそうで、「やばい! もうありますよ。もうもうもう、プリン♪」と嬉しそうに速攻で購入。我慢できずに街中のベンチに座って「めっちゃ美味い!」と連呼しながらそのプリンを幸せそうに頬張っていた。どんだけプリン狂なんだか……。

武藤嘉紀選手は「ハニーピーチ♪」

 また、前園選手がスイーツ店の他に今一番興味があるというお店に行きたいとのことで追いかけてみると、自由が丘にあるバス・ボディケア用品店の「SABON」に辿り着いた。店内には女子が好きそうなナチュラルおしゃれなパッケージのグッズが豊富に取り揃えられていて、素敵なラグジュアリー空間が広がっていた。店員さんは全て女性で客層もほとんどが女性ということで、男性ひとりではなかなか入りにくそうな雰囲気である。

 そんな女性の楽園に躊躇なく入り込み、同行スタッフに「まず、(店内の)香りがいいでしょ? ちょっと吸ってください……。ねっ♪」と自らも鼻で深呼吸をして見せて、スタッフを楽園に誘うマイスター前園。その女子っぽい振る舞いに、VTRを見ていたスタジオ出演者たちから、呆れモードの苦笑がこぼれていたのも無理はない。

 ここでのマイスター前園のお目当ては“バスソルト”であった。自宅にはすでにたくさんのバスソルトをコレクションしているそうで、毎日30分かけて入る半身浴にはそこからチョイスしたものを投入しているのだとか。それが彼にとっての至福の時間らしい。「いや、ちょっと待ってちょっと待ってお兄さ〜ん! 女子力高めのバスタイムってなんですの?」と、思わず“ラッスンゴレライ”したくなってしまった次第である。

 そして、新たなバスソルトを迎え入れようとして店内の商品をじっくり吟味していたマイスター前園は、「ハニーピーチ」の香りがするバスソルトを手に取り真剣に匂いを嗅いでいた。そこでおもむろに、

「これは(サッカー)日本代表で言うと、武藤(嘉紀選手)。最近代表に入って来てフレッシュで、容姿とはギャップがあるアグレッシブなプレースタイル。やっぱそういう感じで(武藤選手は)ハニーピーチ!」

 と、どういう感じなのかいまいちわからなかったが、ハニーピーチの香りから感じ取った雰囲気を武藤選手に当てはめたのであった。ふざけている様子は全くなく、マイスター前園はワイン通がワインの味を表現するかのごとく、バスソルトの香りをサッカー解説者の顔も覗かせながら真面目に表現してくれたのだった。

 さらに店内で“ボディーソープ”の香りを嗅ぎまくって恍惚の表情を浮かべた後、バスソルト、アロマ、ボディーソープなど約17,000円分(!!)の商品を購入して大満足で女子力満載のお買い物が終了した。

 ギラギラした時代を過ごしたサッカー選手としての男の戦いから、いつの間にかスイーツ&バスソルトという甘〜いガールズピッチに戦場の場を移していた前園選手。気が付けば女子力を高めるアイテムばかりにハマり続けてしまった彼は、いったいどこへ向かって行くのだろうか? そのうちブタばりのあの鋭い嗅覚を武器にして、スイーツやバスソルトのプロデュースなどをしれっとやり始めちゃったりするのかもしれない……。

■テレ川ビノ子/ テレビが大好き過ぎて、頼まれてもいないのに勝手にテレビを全般的に応援しています。おもしろテレビ万歳!

messy

「前園真聖」をもっと詳しく

「前園真聖」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ