浜崎あゆみの顔の特徴が全て消失!? インスタ加工がブレすぎ

2月6日(水)2時55分 messy

ロリシリーズの一枚

写真を拡大

 1月31日に浜崎あゆみが自身のInstagramを更新。現在行われている「ayumi hamasaki LIVE TOUR ーTROUBLEー 2018ー2019 A」の写真を投稿した。

 同インスタにはステージで輝く彼女の姿が写っており、指を天に向けながら微笑んでいる。かなり汗をかいていて髪も無造作に乱れているので、おそらくパフォーマンス後の写真。コメント欄には「こんな時代に生まれついたよ。だけど君に出会えたよ。こんな地球に生まれついたよ。だから君に出会えたよ」と、彼女の楽曲である「evolution」の歌詞が添えられていた。

 しかしこの写真をいきなり出されて「あ、浜崎あゆみだね」と一瞬で理解できる人がどれほどいるだろうか。ファンでも判別が厳しいのではないか。

 そんな彼女の写真に、ネット上では「加工し過ぎて誰だかわからないレベル」「顔の特徴が全部消えてる」「ついにお浜さんの加工もここまできたか……」「ある意味奇跡の1枚」といった声が。やはりこの写真では、なんの前情報もなしに写真を見ても、そこに写っている人物が浜崎あゆみだとわからないかもしれない。

 また「加工し過ぎて上半身と下半身がズレてる」「心霊写真かよ」との指摘も。黒いドレスから覗く脚もちゃっかり細くしているように見えるが、腹部のラインと脚のラインに違和感が強い。



 前々から写真の“加工”で何度も話題になってきた浜崎あゆみだが、その路線はブレブレで、加工職人のコンセンサスがとれていないようだ。たとえば昨年10月には、幼い印象を与えるロリ顔写真をInstagramに投稿。基本的に彼女の“作品”はマドンナのような大人の女性のエロスを強調するものが多いが、突然のロリロリ路線は驚きを与えた。今年1月にも幼い仕上がりの写真を投稿しているが、定期的にロリータブームがくるのか、それともロリ好みの加工職人が担当しているのか。

 また迷走しているだけでなく、近頃は“粗”も多い。スタジオの壁一面の鏡の前でポーズをとる写真を公開した際、鏡の中の浜崎あゆみと鏡のこちら側にいる浜崎あゆみの体型が違いすぎてツッコミが相次いだことも、記憶に新しい。本人だけでなく、背景のドアまで“縦長”になっている写真もある。

 もはやオモシロ写真の域であり、これらの加工芸は一流歌手である浜崎あゆみのインスタにふさわしいレベルに達していない。

 「誰だかわからない」レベルの写真ができてしまうくらいなら、モノマネメイクと画像加工で有名なざわちんのように「加工後の完成形はコレ」と決めておいた方が良いのではないか。

messy

「浜崎あゆみ」をもっと詳しく

「浜崎あゆみ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ