山本美月「ファースト写真集」売れず...セクシーに期待し過ぎたか

2月6日(水)7時31分 まいじつ


(C)まいじつ



女優の山本美月が昨年12月15日に発売した初の写真集『Mizuki』。芸能界でも屈指の美女だけに、その期待は高かったが、大惨敗の可能性が出てきたという。


【山本美月関連】2018年「なぜかブレークしなかった」女優5人の顔ぶれ ほか


「前評判は良かったんです。“男顔”といわれながら、その美女度は折り紙付き。女性っぽさを前面に出してイメージを変えたら『絶対売れる』との声もあったほど」(写真集編集者)


山本は、まず自身のインスタグラムで前宣伝。窓際に立ち、胸元が大きく開いた服を着て谷間を強調したカットを公開。これが評判となった。


「これまで『ブレークしない美人女優』と、一部芸能サイトに何度も書かれていました。そのため今度こそ写真集で“セクシー美月”にかじを切ると思われたのです。その彼女がインスタで胸の谷間を見せたのは画期的でした」(同・編集者)



インスタで最初に見た写真が一番エッチ


その後、写真集には載らない「アザーカット」も紹介。これが不評のもととなった。


「バスタブに入り濡れた髪でこちらを見つめる姿、脇見せ、ニットを伸ばして太ももを露出……写真集はこれ以上だと期待にあふれたわけです。それがスカされた感じ。シラけました」(同)


ベッドに寝そべっている写真もあるのだが、ギリギリのショットはなし。子供が着るような白のルーズな服で肩出しをするのがせいぜい。おおよそセクシーには縁遠いものだった。


「読者は正直です。やはり買った読者の感想がアッという間にネット上に拡散。『インスタで最初に見せた写真が一番エッチだった』という話まで出た。これでは売り上げにも響くでしょう。案の定、現在苦戦中です」(グラビア誌ライター)


一部データサイトの写真集ランクでは、発売最初の週は約4000部で3位。しかし2週目は約1200部で9位。3週目以降はベスト10に入っていない。


「ちなみに2月第1週の1位は『乃木坂46』の生田絵梨花の写真集『インターミッション』で、初週17.9万部という同ランキングのジャンル別で“女性ソロ写真集の初週売り上げ歴代1位”という快挙でした。もちろん、生田と比較という話ではありませんが、ヘタしたら美月の写真集は3万部もいかないないかもしれません。あまりに露出が弱く、購買意欲をそそらない。もし第2弾を出すなら“肘ブラ”くらいは追加しないと…。このまま出し惜しみはさらに評判を落とすだけです」(写真集評論家)


昨年、ようやくブレークの兆しを見せた山本だったが、これでは後戻りだ。



まいじつ

「山本美月」をもっと詳しく

「山本美月」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ