水卜麻美アナ、“残念”だった遊園地デート

2月6日(木)20時39分 ナリナリドットコム

日本テレビの水卜麻美アナ(32歳)が、2月6日に放送された情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)に出演。高校生の頃の“残念なデート”について語った。

この日、番組は「期待していたのに…私の残念なデート」と題した特集コーナーを放送。その流れで、“残念なデート”の経験を聞かれた水卜アナは「これは自分が悪いな……と今は思うんですけど……」と、高校生の頃のエピソードを語り出した。

水卜アナは「高校生のときかな、憧れてた人とデートできることになって。遊園地行ったんですよ。遊園地行くってことだから、(相手も)好きなのかな、って。あんまり喋ったことなくて。(絶叫系アトラクションが有名な)遊園地行ったら、『じゃあ、あれ乗ろう!』って言ったら、『オレ、絶叫乗れないんだよね』って。観覧車とかも『高いところは無理なんだよね』って」と、“憧れの人”はあまり遊園地が得意ではなかったようで、「乗れるのが本当にメリーゴーラウンドみたいなのしか」なかったという。

ただ、水卜アナは「私、絶叫マシン大好き」ということで、そのとき「どうしても譲れなくて、『全部、私乗ってくる』って言って全部一人で乗って、『手振るね』って全部手を振って、感想を全部彼に喋るっていうデートに」なったそうだ。

このエピソードを聞いた番組MCの加藤浩次は「なんでそれ、全部乗ったの? 一個くらいにしておけば良かったのに」と素朴な質問。水卜アナは「どうしてもその遊園地行きたくて、全部乗りたかったんですよ。だから、私も『無理なんだ〜』って言えば良かったのに、(チケット代の)元を取んなきゃいけないから回ってくるって」と、若き日の失敗を振り返った。

ナリナリドットコム

「デート」をもっと詳しく

「デート」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ