みのもんた ギャラを1本100万円に下げてTBSレギュラー獲得か

2月6日(木)16時0分 NEWSポストセブン

 1月20日、4月からスタートする『朝ズバッ!』(TBS系)の後継の朝の新情報番組の司会を、フリーアナウンサーの夏目三久(29才)と明治大学教授の齋藤孝氏(53才)が務めることが、同局から発表された。


 昨年11月にみのもんた(69才)が降板して以降も『朝ズバッ!』の番組名は残していたが、新番組はその名前も変えて、“みの色”をなくして再出発することになるという。しかし、あるTBS関係者はこう証言する。


「実は、みのさんもまた、別の番組でTBSにレギュラー復帰することが決まってるんです」


 世間を騒がせた次男(31才)の逮捕劇からわずか4か月。あまりに早い古巣への返り咲きだが、一体何があったのか。


「昨年末頃からですね、社内の偉い人たちが、よくみのさんと銀座に飲みに行くようになって…。そこで、みのさんは、自分の復帰を猛プッシュしていたそうなんですよ。“ギャラはこれまでの半額でいいからさぁ〜”なんて言って。みのさんのネックは、1本200万円っていう莫大なギャラでしたから、それが半額となったら、局としても興味を持ち始めちゃって…」(前出・TBS関係者)


 実際、このみのの接待の様子は、昨年末に『週刊新潮』(1月2日号)で報じられており、その際、彼は連れ歩いたTBS幹部全員に、エルメスの“お土産”まで渡していた。


「結局、幹部たちが籠絡されたということなんじゃないですか。ギャラは1本100万円で、早ければ秋にも冠番組を始めるそうです。さすがに報道番組は厳しそうで、バラエティー番組になる予定なんですが、本人は“できれば、また報道がやりたい”なんて話しているそうです」(前出・TBS関係者)


※女性セブン2014年2月20日号

NEWSポストセブン

「TBS」をもっと詳しく

「TBS」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ