石坂浩二だけではないNEWS23やZEROも TV界のパワハラ病

2月6日(土)16時0分 NEWSポストセブン

テレビ業界にはパワハラ病が蔓延?

写真を拡大

 1月31日、石坂浩二(74才)が『開運! なんでも鑑定団』(テレビ東京系、毎週火曜19:54〜)を3月末で降板することが発表された。多くの関係者が「ありえない」と口をそろえるこの降板劇。


 ことの発端は、2年ほど前の飲み会の席。同番組の制作者が石坂にからみ、口論になったのがきっかけだという。この時期から、石坂のコメントを意図的にカットする、“いじめ”ともいえる事態が始まった。


 報道によれば、石坂に降板が告げられたのは、昨年9月のことだった。テレ東は「視聴率不振と番組の刷新」を理由に挙げたというが、この説明はおかしい。ここ数年視聴率に変化はなく同時間帯の1位を独走しているのだ。


 刷新を掲げつつも、3月末で降板するのは石坂だけという点も奇妙である。労働法務が専門の伊倉秀知弁護士が語る。


「一般的に、雇用関係であれば、酒席での諍いを理由に仕事を取り上げるなど、不利な扱いをするのは明白なパワハラです。キャスティングの権利をテレビ局側が持っているとはいえ、局側も出演者の人格権や商品価値に配慮するのは当然のこと。仮に私的なトラブルの報復として出演者の意向を無視して降板させたのであれば、局側は出演者に優越する地位や権限を濫用しており、許されることではない」


 権力を楯にした弱者へのパワハラは、今も昔もテレビ業界全体に巣くう病巣である。昨年12月、『NEWS23』(TBS系)のメーンキャスター・膳場貴子氏(40才)が産休に入ると、彼女の復帰の意志を無視して局側が契約解除を通達した。


 妊娠や出産、育児を理由に退職を強要することは「マタニティーハラスメント(マタハラ)」とも呼ばれ、膳場氏の降板劇は大きな議論を呼んだ。


 2013年6月には、山岸舞彩(28才)が、当時キャスターを務めていた『NEWS ZERO』(日本テレビ系)の男性プロデューサーにセクハラ&パワハラを受けていたと報じられた。このプロデューサーは降格処分を受けている。


 コメンテーターの勝谷誠彦氏(55才)も、かつて番組に対する意見を幹部局員に伝えたところ、クビにされたと明かしている。


 制作スタッフ内部も同様である。2014年7月、『さんまのスーパーからくりTV』(TBS系 放送終了)で、番組プロデューサーのパワハラにより、制作会社スタッフが2年間で27人も辞めていたことが発覚。2か月後に同番組は打ち切られた。


 石坂の騒動は、連綿と続くテレビ界の“悪しき慣習”の発露といえるのかもしれない。


※女性セブン2016年2月18日

NEWSポストセブン

「パワハラ」をもっと詳しく

「パワハラ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ