藤原竜也と成海璃子 いじめ題材のドラマ撮影語り盛り上がる

2月6日(土)11時0分 NEWSポストセブン

『海底の君へ』撮影時のトークで盛り上がる藤原竜也と成海璃子

写真を拡大

 2月20日にNHK総合でオンエアされるドラマ『海底の君へ』の試写会が行われ、主演の藤原竜也(33)と成海璃子(23)が登場した。同作は、中学時代にいじめに遭った男性・前原茂雄(藤原)が同窓会爆破を企てるストーリー。茂雄は29歳になった今、就職もできずバイト生活を送っているが、学生服姿の生徒を見るといじめ体験がフラッシュバックしパニックを起こしてしまう。


 そんな中、茂雄は14歳の弟・瞬と二人暮らしをする23才女性・手塚真帆と出会い、二人の仲は深まっていく。だが、瞬がいじめを苦に自殺未遂をしてしまう。いじめ根絶という目的のため、茂雄は中学時代の同窓会爆破を計画する。そして、中学時代に茂雄をいじめたリーダー格・立花隆之介(忍成修吾)はその事実をほとんど覚えていない。真帆はこの計画を必死に止めようとする。


 こんなストーリーが展開され、いじめというものがいかに人の人生を狂わせていくかを描くが、藤原は今回のドラマに登場するキャラクターが自分に合っていると語り、「ぼくの代表作を作ってくれたのでは」と語った。


 成海は海に飛び込むシーンについては「泣きそうだった」と振り返った。しかし、藤原は海中で成海に「めっちゃ」押され、もがき苦しんだと報告し、トークが盛り上がる一幕も。同ドラマはNHKの「いじめを考えるキャンペーン」の一環。オンエア時刻は19:30〜20:43だ。


撮影■小彼英一

NEWSポストセブン

「いじめ」をもっと詳しく

「いじめ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ