木村文乃 離婚でも落ち込んでない「吹っ切れたデニム」姿

2月6日(木)16時0分 NEWSポストセブン

かつて演技指導を受けていた一般男性と昨年夏、離婚したことを発表した木村文乃(32才)。そんな木村の私服姿をキャッチした。1月23日、ジュエリーの似合う著名人に贈られる『日本ジュエリーベストドレッサー賞』授賞式後。腰ばき風のデニムに、スウェットというラフな格好で、手にはスマホ。グリーンの肩出しドレスで着飾った壇上とは対照的な“飾らない姿”で、迎えの車に乗り込んだ。


「ユーズド(古着)感の強いデニムとスウェット姿で、下北沢あたりが似合いそう。清楚な役が多い木村さんですが、私生活ではカジュアル志向が好みだそうです。過去には雑誌のインタビューでも『普段はジーンズをはくことが多い』と話しています。似合っていますね」(芸能関係者)


木村といえば、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』で、主人公・明智光秀(長谷川博己)の正室・煕子(ひろこ)を演じる。離婚発表は出演が発表される直前のことだったが、その徴候はSNSにも表れていたという。


「料理が得意な木村さんは、よくインスタグラムで、『ふみ飯』と題して食事の写真をアップしていたんです。美人で料理上手なところから、“おじさまキラー”と言われることもありました。一方で、離婚前の昨年7月ごろから『ふみ飯』の更新も滞り気味で、ファンから『私生活で何かあったのか』と心配する声が上がっていました。離婚問題も落ち着いて、12月には『ふみ飯』も本格的に再開したので、吹っ切れたのではないでしょうか?」(前出・芸能関係者)


ドラマの撮影現場でも落ち込んだような様子はまったく見せず、リハーサルで目を合わせた時に「2人の空気感のようなものが広がった」とコメントしていた木村。プライベートでの結婚生活はピリオドを打ったが、「明智光秀の妻」としては好演を見せてくれそうだ。

NEWSポストセブン

「デニム」をもっと詳しく

「デニム」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ