『鳥人戦隊ジェットマン』の若松俊秀 藤村俊二さん偲び「珈琲ご馳走様でした」

2月6日(月)11時45分 Techinsight

オジンオズボーン篠宮と若松俊秀(出典:https://www.instagram.com/shinomiyaakira)

写真を拡大

スーパー戦隊シリーズ第15作として1991年2月から放送された『鳥人戦隊ジェットマン』で結城凱(ブラックコンドル)役を務めた若松俊秀が、ツイッターで先日亡くなった“オヒョイさん”こと藤村俊二さんと共演した頃を振り返った。藤村さんがマネージャーのぼやきに返した言葉が人柄を思わせる。

1月25日、俳優でタレントの藤村俊二さんが心不全のため82歳であの世へ旅立った。若松俊秀は2月1日に『若松 俊秀 T.Wakamatsu(since1991jetman)ツイッター』で「おヒョイさん。もう十年くらい前に共演させて頂きました折…」と藤村さんとの思い出をツイートしている。

マネージャーが「ヒョイといなくなってしまうので困る」と漏らすのが聞こえた藤村さん。「そういう時間が俺には大事なんだよ。だよね?」とマネージャーに返しつつ若松にも同意を求めてきた。彼は咄嗟に「大事ですよね」と応じたという。

あだ名から「ヒョイといなくなる」と言えるマネージャーとの関係や、藤村さんの型にはまらない過ごし方が思われて微笑ましい。若松は当時を振り返ると「珈琲ご馳走様でした。ご冥福をお祈りします」とつぶやいた。

若松俊秀は2009年2月放送の泉ピン子主演ドラマ『自治会長 糸井緋芽子 社宅の事件簿 9』で藤村俊二さんと共演した。「オヒョイさん」の独特な雰囲気に学んだところが多かっただろう。『ジェットマン』以降も数々の作品に出演しており、1月21日には『オジンオズボーンの特撮トークライブVOL.16』へゲストに迎えられるなど多方面で活躍している。

出典:https://www.instagram.com/shinomiyaakira
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

Techinsight

「藤村俊二」をもっと詳しく

「藤村俊二」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ